愛媛県のテレビアンテナ工事の費用の相場とおすすめの業者・選び方

愛媛県でテレビアンテナ工事をするさいに事前に知っておきたいポイントについてまとめました。

  • 愛媛県のテレビアンテナ取り付け工事の費用・相場
  • 愛媛県でおすすめのテレビアンテナ工事業者
  • アンテナ工事を行うまでの流れ
  • 賢い業者の選び方
  • 愛媛県ならではの事情

この記事では、上記の5点について詳しく解説しています。愛媛県でテレビアンテナの工事を検討している方は是非とも参考にして下さい。

 

目次

愛媛県のテレビアンテナ工事の費用・相場

新規テレビアンテナ設置費用の相場

地デジ:UHFアンテナ 15,000円~35,000円(税込)
地デジ:デザインアンテナ 19,000円~35,000円(税込)
BS/CSアンテナ 11,000円~30,000円(税込)
地デジ:UHFアンテナ+BS/CS 30,000円~60,000円(税込)
地デジ:デザインアンテナ+BS/CS 30,000円~70,000円(税込)

テレビアンテナの費用の相場については「⇒アンテナ工事にかかる費用の相場と損をしないために知っておきたい知識」で詳しくまとめています。

アンテナの故障や倒壊などの修理・撤去費用の相場

アンテナの修理・方向調整 5,000円~(税込)
アンテナの撤去 5,000円~(税込)

 

愛媛県でおすすめのテレビアンテナ工事業者の比較

※表が途切れている場合は横にスクロールしてご覧ください。

 地デジアンテナ費用
地デジ+BSアンテナ費用保証期間キャッシュレス決済
アンテナ110番29,200円~(税込)39,400円~(税込)8年
ヤマダ電機33,000円~(税込)要問合せ初期不良のみ
ケーズデンキ33,000円~(税込)要問合せ初期不良のみ
エディオン30,250円~(税込)
※アンテナ本体代別
41,250円~(税込)
※アンテナ本体代別
初期不良のみ

※価格はブースター(UHF用)代金コミの参考費用です
※地デジアンテナはUHFアンテナ(八木式アンテナ)の価格です。

上記は愛媛県で価格や保証・支払い方法の利便性などのサービス面を考慮し、特におすすめの業者とアンテナ工事が依頼できる大手家電量販店の料金などの一覧です。

愛媛県では個人宅向けにアンテナ工事をメイン事業として行っているのは非常に少数です。その上アンテナ工事の料金詳細がほぼ書かれていない会社ばかりで、こういった会社は愛媛県に限らず全国的な傾向として工事費用が相場よりも高くなる可能性が強い為、きちんと総額の費用を確認する必要があります。

愛媛県でアンテナ工事をする場合は上記を参考に複数の業者から見積もりをとって比較・検討していくのがおすすめです。

それぞれの会社の基本情報は以下の通りです。

アンテナ110番

アンテナ110番⇒アンテナ110番の公式HPはこちら

地デジ:UHFアンテナ 16,500円~(税込)
地デジ:デザインアンテナ 18,700円~(税込)
BS/CSアンテナ 10,200円~(税込)
地デジ:UHFアンテナ+BS/CS 30,600円~(税込)
地デジ:デザインアンテナ+BS/CS 28,900円~(税込)
アンテナの方向調整 8,800円~(税込)
アンテナの立て直し 11,900円~(税込)
アンテナの取り外し 8,800円~(税込)

アンテナ110番の基本情報
所在地 〒450-6319 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋19F
休業日 年中無休
営業時間 24時間
電話番号 0120-232-265
ホームページ https://www.antenakoji110.com/
キャッシュレス決済
保証期間 8年

※料金・保証・キャッシュレス決済については地域や加盟店によって異なりますので、必ずご自身でお確かめの上ご利用下さい。

アンテナ110番は、日本全国を対象とした最大手のアンテナ工事の紹介サイトです。各地で提携している地元の業者がとにかく豊富で、「どうしても急いでいる」「この日じゃないと空けられない」といった日程に都合がある場合に希望が通りやすい会社です。また他の業者では断られてしまう地域でもアンテナ110番なら対応可能な場合があります。

一方、施工する業者を指定できないため、紹介された業者によって料金や保証・技術などのバラツキがあるのには注意が必要です。どんなに急いでいたとしても料金や保証などを問い合わせ、しっかりと納得できてから工事を依頼するようにしましょう。

基本的には依頼現場の近くの業者が紹介されるため、問い合わせで地元のリアルな相場がある程度把握できるかと思います。他社との比較のためにも一度問い合わせて見るのがおすすめです。

ヤマダ電機

地デジ:UHFアンテナ 16,500円~(税込)
BS/CSアンテナ11,000円~(税込)
※アンテナ代別途
ブースター設置16,500円~(税込)
アンテナ取り外し4,400円~(税込)

お近くのヤマダ電機の店舗は、YAMADA電機公式サイトをご確認ください。

ケーズデンキ

地デジ:UHFアンテナ16,500円~(税込)
BS/CSアンテナ11,000円~(税込)
ブースター設置16,500円~(税込)
アンテナ取り外し5,500円~(税込)

お近くのケーズデンキの店舗は、ケーズデンキ公式サイトをご確認ください。

エディオン

地デジ:UHFアンテナ20,900円~(税込)
※アンテナ本体代別
地デジ:デザインアンテナ14,300円~(税込)
※アンテナ本体代別
BS/CSアンテナ11,000円~(税込)
※アンテナ本体代別
ブースター工事9,350円~(税込)
アンテナ方向調整5,500円~(税込)

お近くのエディオンの店舗は、エディオン公式サイトをご確認ください。

各地域の詳細

以下の市区町村別のリンク先では、その地域に対応しているアンテナ工事業者の一覧をまとめていますのでそちらも参考にしてみて下さい。

 

アンテナ工事専門の業者がおすすめの理由

上記で紹介した業者は、アンテナ工事を専門、もしくはアンテナ工事の他にエアコン工事などを行っている業者で、聞いたことが全く無い方も多いかと思います。

テレビアンテナの取り付けは上記業者以外にも、ヨドバシカメラやヤマダ電機、ホームセンターなどでも依頼することが出来ます。

またネットで検索すると、様々なアンテナ工事業者が掲載されているいわゆる「マッチングサイト」も見つかり、そちらからも依頼することが出来ます。

ただ、アンテナ工事に関しては「アンテナ工事業者」に「直接依頼する」のがオススメです。

家電量販店やホームセンターをおすすめしない理由

  • 現地確認をしないと概算見積もりがほぼ出ない
  • 現地見積もり後に施工を断ると出張費を取られる
  • 工事代金がネット系業者より高い
  • 現地調査と工事日が別日になるケースが多い
  • 施工保証がほぼ無い(あっても有料)
  • 実際の施工は下請け業者の為、連絡関係の不備がある
  • 実際の施工は下請け業者の為、技術にバラツキが大きい

このように、自社でスタッフを育成・教育している専門業者に比べて、大手家電量販店に依頼するメリットはほとんどないのが現状です。

コーナンやスーパービバホーム、カインズホームなどの大手ホームセンターも同様で、テレビアンテナ工事は専門業者に頼むのがベストです。

当サイトが各家電量販店に実際に問い合わせを行った結果と内容については下記にて詳細を記載していますので、参考にしてみて下さい。

 

アンテナ工事業者のマッチングサイトをおすすめしない理由

  • 業者の当たり外れがある
  • ランキングはサイト側で管理できるので、上位の業者だからと信頼できるわけではない
  • マッチングサイトを介さず、直接依頼したほうが安く工事できる可能性が高い

様々な業者が並び、料金の比較から以来まで行うことができるマッチングサイト。

このようなサイトは個人親方や小規模事業者がサイト側に手数料を払って、広告宣伝部分をサイト側が担う形になっています。

登録している中には優良な業者も勿論いるはずですが、自社で集客が出来ない零細企業が多く、工事の信頼性が高いとは言えません。また、ランキングや口コミといった評価基準を設けていますが、これらはサイト側が管理・操作(削除)出来てしまう上、業者側がサイトにお金を払ってランキング上位に表示させる事も出来てしまう為、情報の信ぴょう性には疑問が残ります。

さらにマッチングサイトに支払う広告費の影響なのか、自社で管理しているサイト(公式ホームページ)などで集客している業者がマッチングサイトにも掲載して集客しているケースなどでは、マッチングサイトの掲載料金が高い傾向になり、アンテナ工事の費用はこういったマッチングサイトを通さずに直接依頼した方が確実に安く施工できます。

このような理由からアンテナ工事を依頼する場合は、マッチングサイト経由ではなく直接アンテナ工事業者に依頼するほうがオススメです。

 

テレビアンテナ工事の施工までの流れ

テレビアンテナの取り付け工事は、下記のような流れで行うのがおすすめです。

  1. 取り付けたいアンテナの種類を決める
  2. 業者へ見積もり依頼(もしくはDIY)
  3. 現地調査・電波調査
  4. 正式契約
  5. 施工
  6. 料金の支払い

それぞれ詳しく解説していきます。

1.取り付けたいアンテナの種類を決めておく

まず、取り付けたいテレビアンテナの種類を予め決めておきましょう。

  1. 地デジであれば、八木式アンテナ、デザインアンテナどちらを設置したいか。
  2. BS/CSアンテナは必要か否か。
  3. BS/CSアンテナを設置する場合、4K8K放送対応アンテナは必要か。

最低でもこの3点について決めておくと、アンテナ工事業者との話し合いをスムーズに進めることができますし、また業者の言いなりになって必要ないものを設置することなどもなくなります。

アンテナの種類についての詳細は下記をご覧ください。

 

2.業者へ見積もり依頼

設置を希望するテレビアンテナが決まったら、次にアンテナ工事業者の問い合わせ窓口から連絡し、見積もり依頼を行います。

尚、テレビアンテナの設置に特殊な資格は必要ありませんので、日曜大工が得意な方はDIYでの取り付けも可能です。

ただDIYでのアンテナ設置は、求められるスキルは高く、また相応のリスクも伴います。

そのため当サイトではおすすめしていません。

DIYでのアンテナ設置に関しての流れなどは下記の記事の記事にまとめています。DIYを検討している方は一度目を通してみて判断するのをおすすめします。

 

見積もり依頼・問い合わせ時に添えたい情報6点

依頼時に用意したい情報6点

見積もり依頼は電話やメール、オンラインフォームなどから行えますが、その際、テレビアンテナの種類以外にも下記の情報を添えるとスムーズです。

  1. 階数(2階建て・3階建てなど)
  2. アンテナの設置場所の希望(屋根裏・屋根上・外壁など)
  3. 屋根の形状
  4. 屋根の材質(分かれば)
  5. 地方ローカル局の視聴を希望しているか
  6. 調査後の工事を拒否した場合の出張費はあるか

アンテナの種類や設置場所については、ご自宅の電波状況によっては必ずしも希望通りになるとは限りませんが、予め伝えておくことで、必要な機材などを業者側が用意することができます。

 

3.現地調査・電波調査

見積もり依頼をした際に、双方のスケジュールを合わせて現地調査を行う日取りを決めます。

業者によっては、当日の調査も可能な場合もありますが、後日となるケースが多いので、問い合わせはスケジュールに余裕をもって行うのがベターです。

電波調査と工事日は別??
テレビアンテナ工事は、自宅の状況によって必要な工事が変わる為、業者によっては、電波調査日と実際の工事日を分けています。
中には、調査から工事までを同日に行ってくれる業者(例:みずほアンテナなど)もありますので、日程に余裕が無い、立ち合いは1度で済ませたい、という方は現地調査と工事を同日にやってくれる業者を選びましょう。

 

4.正式契約

電話やメール等で見積もり依頼を行い、現地での電波調査が終わると最終的な見積もり金額が提示されます。

自宅の状況によっては、事前に問い合わせた金額から変更があるケースもありますが、工事内容や金額に納得がいかない場合にはこの時点でアンテナ工事を断る事も可能です。

ただし、その場合「出張料」「調査費」といった名目で、数千円程度の料金を請求されるケースがあります。

3,000円位が相場ですが、業者によっては業者の所在地と工事場所の距離などで変動する場合もあります。

業者サイドからすれば時間と専門の機械を使う本格的な調査をする為の手間賃のようなものですが、この「出張費」についても請求する業者としない業者があり、予めその旨を明示している業者は少ないので、最初の問い合わせ段階で必ず確認しておきましょう。

 

5.施工 ※工事時間に関する注意点

最終的な見積もり提示内容に問題が無ければ、そのまま契約、工事へと進みます。

アンテナ工事にかかる時間は施工スタッフの技量にも左右されますが、現地調査の時間も含めてだいたい1~2時間程度、長くても3時間みておけば十分です。

施工中は特にやることは無いので、スタッフに作業を任せればOKです。

尚、テレビ映りの確認、分配器の場所の確認などでスタッフが室内に入りますので、工事日には依頼者の立ち合いが必要です。

 

6.料金支払い

アンテナの取り付け工事が無事終わったら、作業内容や保証内容を確認して、料金の支払いを行います。

料金は現金支払い・クレジットカード払い・銀行振込などがありますが、対応方法は業者によって異なりますので、希望の支払い方法がある際には必ず事前に確認しておきましょう。

尚、銀行振込の場合、一部では前払い制度を採用している業者もあります。

アンテナ110番⇒アンテナ110番の公式HPはこちら

 

最適なテレビアンテナ工事業者の選び方

アンテナ工事の費用は決して安くはありません。見積もりを見た際に「こんなにするのか…」と思う方も少なくはありません。

とはいえ安い業者に依頼した結果、工事後数ヶ月でテレビが見れなくなり修理を依頼すると修理費を請求するような、技術力も保証もない安物買いの銭失いのような業者も残念ながら存在します。

そこで損をしないでテレビアンテナ工事をしたい方は、以下の点をチエックするのをおすすめします。

  • 業者に見積もりをとる
  • 現地調査をする場合は出張費の有無を確認する
  • 保証の期間・内容を確認する
  • ブースターを設置する場合は種類を確認する
  • 上記見積りから確認内容を一社で済ませないで複数の業者で行う

アンテナ工事はほとんどの方が初めて、もしくは1、2回しかしたことがないかと思います。

そのためアンテナ工事の適正金額がわからない方は多いのですが、そのような方でも上記をチェックしていただければ、損をしないでテレビアンテナの工事が出来る可能性がぐっと高まります。それぞれ詳しくご紹介します。

業者に見積もりをとる

まずは業者に問い合わせて費用の概算を確認しておきましょう。上述した「見積もり依頼・問い合わせ時に添えたい情報6点」を添えて問い合わせると、より正確な見積もりを提出してくれるかと思います。

見積もりを取らないまま飛び込みでアンテナ工事の依頼をしてしまうと、想像以上の費用を請求される場合もありますので、損をしないでアンテナ工事をしたい方はまず見積もりを取りましょう。

中には問い合わせ段階で、概算見積もりすら出ない・出せない業者があります。

このような業者は、現地に来て電波状況や周辺環境を調査してから初めて見積もりを出してくれるのですが、消費者の心理的に、業者が現地調査までしてくれた場合、他を探すのも面倒だしそのままお願いしてしまいがちです。

現地でしか価格を提示しない業者はそういった心理を利用して相場より高い料金を提示してくる業者も存在します。

さらにそのような業者は、工事を断られないよう、正式契約をしない場合は出張費を取ってくる場合も。

概算見積もりすら出ない業者全てがそのような業者というわけではありません。

また、テレビのアンテナ工事は実際に現地を見てみないと分からない事も多いのは事実です。

ですが経験豊富な業者であれば住所を伝えれば過去の工事状況などである程度の状況は把握できます。そのため金額を決める為に必要な情報も事前に確認する事が出来ます。

現地調査をしなければ金額が出せない、という業者全てが経験が少ない、相場より高い業者というわけではありませんが、この段階である程度ふるいにかけることができます。

事前の現地調査の出張費の有無を確認する

事前に業者に現地の立地条件・電波状況等を確認してもらったほうがより正確な見積もりを提出してくれます。また電波状況に適切なアンテナや工事に必要な器具などが把握できるので、ほとんどの業者が事前に現地調査を行います。

この際に注意したいのが、事前の現地調査に出張費がかかるかどうか。

出張費なく現地調査を行ってくれる業者・そのままその業者に依頼しようがしなかろうが現地調査に出張費がかかる業者・依頼すれば事前の現地調査に出張費がかからない業者と様々ありますので、現地調査を行って貰う前に出張費の有無を確認しておくのをおすすめします。

出張費はほとんどの業者が所在地と出張先の距離で決定するため、出張費を考慮するとA社のほうがトータルで安い地域、B社のほうが安い地域というのがどうしてもでてきます。

複数の業者に確認するのは大変骨が折れる作業ですが、お得にアンテナ工事を行いたい方は出張費を忘れずに確認するのをおすすめします。

保証の期間・内容を確認する

アンテナは様々な原因で壊れてしまいテレビが映らなくなる可能性があります。

そのため保証があったほうが、そして期間が長いほうが安心です。

その際どのような内容を保証するのかも確認しておきたいところです。

アンテナ本体の欠陥の保証。また少しの風や、鳥が止まった影響でアンテナが傾いてしまいテレビが映らなくなった場合などは、アンテナの固定がしっかりしておらず起こる人的ミスの可能性が高いので、しっかりと保証しておいてほしいところ。

一方台風などの強風や落雷など、人間の力ではどうしようもない自然災害によって故障する場合はまず保証外になります。アンテナ工事業者の保証とは関係ありませんが、火災保険に入っていればそのような故障も保険を使ってアンテナの修理をすることもできます。

ブースターを設置する場合は種類を確認する

テレビアンテナを新しく設置する場合、ほとんどの場合にブースターというのが同時に必要になってきます。

ブースターをつけるかつけないかで金額が倍近く変わってきます。

そのためなるべく付けたくないという方も多いのですが、快適な視聴環境を整えたい方は同時にブースターを設置しておくのをおすすめします。

ブースターはアンテナが受信した電波を増幅してくれます。設置していないと、雨などでテレビが映らなくなったり、近くに高層建築物がたったりするとテレビの映りが悪くなったりします。

ブースターは地デジ対応・BS/CS対応・4K8K対応などがあり、また地デジ+BS/CS対応・地デジ+4K8K対応などもあります。

地デジ用ブースターの費用は15,000円~30,000円、地デジ+4K8K対応ブースターの費用は20,000~35,000円が相場となっています。(アンテナと一緒に依頼した場合)

地デジと4K8Kアンテナの設置を希望⇒見積もりの段階で地デジにしか対応していないブースターの見積もりを提出⇒作業当日地デジ+4K8K対応ブースターを設置

アンテナ工事業者の中には、工事依頼が欲しくてたまらず工事後のクレームや評判など知ったことかと、見積もりは安いけど実際の請求は高い、いわゆる悪徳業者と呼ばれてもおかしくない業者も存在し、そのような業者は上記のような姑息な手段も使ってきます。

また、事前調査では4Kブースターは必要ないと判断したけど、実際に工事をしたら4Kブースターが必要だった、というような業者側のミスで上記のようなケースが起こることもあります。

いずれにせよこの場合は、作業後に見積もりより高額な金額を請求されますので、見積もりの段階でどのような種類のブースターを設置した場合の金額なのか、またそれ以上費用がかかる可能性はあるのかしっかりと確認しておきましょう。

また地デジアンテナしか建てないのに地デジ+BS/CS対応ブースターを設置して余計な費用を請求する業者なども存在します。

後々BS/CSアンテナを設置するならいいのですが、工事の段階では無駄な費用です。そのようなケースもありますのでしっかりと確認するのをおすすめします。

上記見積りから確認内容を一社で済ませないで複数の業者で行う

なるべく安くアンテナ工事をしたい方は、上記見積もりから確認内容を複数の業者で行い、比較・検討して納得出来る業者に依頼するのをおすすめします。

一社では見えなかったおかしな費用なども、複数業者で見積もりを取ることで浮かび上がってくることもあります。

愛媛県でテレビアンテナ工事を行う場合は、以下の業者と大手家電量販店を基準に比較・検討していくのがおすすめです。

 地デジアンテナ費用
地デジ+BSアンテナ費用保証期間キャッシュレス決済
アンテナ110番29,200円~(税込)39,400円~(税込)8年
ヤマダ電機33,000円~(税込)要問合せ初期不良のみ
ケーズデンキ33,000円~(税込)要問合せ初期不良のみ
エディオン30,250円~(税込)
※アンテナ本体代別
41,250円~(税込)
※アンテナ本体代別
初期不良のみ

アンテナ工事は自宅の状況によって工事内容が変わる為、必ずしも上記の金額で工事を行えるわけではありませんが、上記に問い合わせ、金額比較をした上で業者を選べば、まず間違いなく最安値相当の価格で工事が行えることでしょう。

その上で、保証条件、支払い方法など、それぞれを比較して検討していくのが最適なアンテナ工事業者を選ぶ近道です。

ランキングサイトに注意!一軒一軒違うアンテナ工事

アンテナ工事に限らずですが、口コミや☆5つの点数を基に業者をランク付けするサイトなどを見かけます。

飲食店や家電など、普遍的に広く利用されている物やお店にに対しては非常に有効ですが、アンテナ工事のように10-20年に一度やるかどうかといった工事にランキング・口コミという評価方法は不向きです。

そもそもアンテナ工事に必要な施工内容は一軒一軒異なります。電波状況も違えば、利用するアンテナの種類・機材の種類も違う中、画一的な評価基準など無いのが実情です。また、☆マークでの評価をするにも信頼に足る評価分母を短期間で集められるような業界ではありません。

その為、ランキングサイトはほぼステマと見て間違いありません。本当に良い工事をするためには、「相見積もりを通じて自分で比較する」作業が大切です。

 

愛媛県のテレビ電波に関する地域特性

愛媛県の地デジの電波

出典:一般社団法人 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)

愛媛県では、松山親局送信所を中心に、各地の中継局を利用して主要市街地にはほぼ全域に地デジ電波が届けられています。一方、山間部などでは地形などの影響で地デジの電波が受信できる目安のエリアに入っていないいわゆる難視聴地域も存在します。

お住まいが電波を受信できるか、どの中継局から受信するかはレベルチェッカーという測定器を利用するのですが、レベルチェッカーの値段は数万円ほどしますのでアンテナ工事業者に現地で測ってもらうのが一般的で確実です。

電波の障害となるのは高層ビル・竹林など

地デジ電波の遮蔽物となるのはオフィスビル・マンションなどの高層ビルのような人工物以外にも、竹林でも電波は遮られます。繁華街である大街道商店街周辺などでは、自宅周辺に高層ビルが無いかチェックしておきましょう。

また石鎚山とそれに連なる山々や四国カルストなど自然に恵まれた愛媛県では、自宅の位置と中継局の方向に山があると遮蔽物となってアンテナ受信が難しいケースもありますので、予めアンテナ工事業者と相談をしておきましょう。

沿岸部は塩害に注意

沿岸部周辺の地域ではアンテナの塩害対策を考慮しておく必要があります。アンテナは屋根上など高所に設置する場合が多く、沿岸部周辺などでは潮風などにさらされやすくなっており塩害の被害を受けやすくなります。テレビアンテナの寿命は通常10年と言われていますが、沿岸部周辺などで塩害対策をしないと腐食などの進行が速く、故障も速くなってしまいます。

また平時は潮風が届かない地域でも、台風など強風による塩害が発生する可能性があります。

車や自転車、エアコンの室外機などは、定期的に水で洗い流したりすることである程度塩害を防ぐことはできますが、屋根上などの高所に設置することが多いテレビアンテナではメンテナンスが大変です。そのためテレビアンテナの塩害対策としては、アンテナを屋根裏に設置したり塩害対策が施されたアンテナや固定具を設置したり等があげられます。

 

愛媛県のテレビアンテナ工事 まとめ

愛媛県でテレビアンテナ工事を行う際は、以下のポイントを把握しておきましょう。

  1. 他県と比べて業者の選択肢が少ない。大手家電量販店も含めて選択するのがベスト。
  2. アンテナ工事の基礎知識を把握し、自分の希望を整理してから業者へ問い合わせを。
  3. 業者を選ぶ際は、出来る限り複数社から見積もりを取って、比較・検討する。
  4. 最低限の知識武装をしておけば、満足行く工事ができる可能性はかなり高くなる。
  5. 迷ったら紹介しているおすすめ業者から複数見積もりをとっていくのがおすすめ
  6. 沿岸部など地域によっては塩害に注意が必要。

愛媛県でアンテナ工事を行う場合、全国規模の大手業者と家電量販店などが選択肢としておすすめです。

その上で地元の業者を含め複数業者から見積を取り、比較・検討していくのが愛媛県で安くアンテナ工事を行うポイントです。

悩んだ場合はこのページで紹介した業者を是非参考にしてみて下さい。

当サイトで掲載しているアンテナの料金や工事の金額などは、各販売元や請負元のホームページ上に記載されている料金を参考にしています。

なるべく精査するように努めていますが、ご利用のタイミングなどで実際の金額と大きく異なる場合がございますので、必ずご自身でご確認してご利用下さい。

アンテナ110番⇒アンテナ110番の公式HPはこちら