BSアンテナの追加工事の費用の相場

「今まで地デジだけだったけどBS/CS番組を見たい」

「BS4K8K放送に興味があるので対応のアンテナを追加したい」

このような方に向けてBSアンテナの追加工事の費用についてまとめました。

BS放送に興味がある方などは是非ご覧ください。

 

BSアンテナの追加工事の費用

BSアンテナ追加設置12,000円~20,000円
ブースター追加設置8,000円~25,000円

※工賃コミの総額目安です

地デジアンテナを業者に頼んで増設する場合、12,000円~20,000円程度が費用の相場となっています。

費用の違いは設置場所や何部屋でBS番組を見られるようにするか、によって変わってきます。

1部屋で視聴できれば良いケース

BS/CSアンテナの追加工事をする際にBS番組が見られる部屋が1部屋でいい場合、設置場所はベランダがメインになり、エアコンダクトやサッシからケーブルを通してテレビ本体に直接ケーブルを繋ぐ形となります。

すでに地デジアンテナを設置しているかどうかは関係なく、独立したものとして設置します。

そのためテレビコンセントを通さない工事となる為、工事費用は安く設置も簡単ですが、ケーブルが繋がっていない他の部屋ではBS/CSを視聴することは出来ません。

もちろんベランダ以外に設置することも出来ますし、既存の地デジアンテナの電波に乗せて電波を送ることも出来ます。

ただしその場合の費用はほぼ全ての業者で高く設定されています。

複数の部屋で視聴したいケース

1基のBS/CSアンテナで複数のテレビでBS/CS番組を視聴する場合には、建物内部をつたうテレビケーブルにBS/CSの電波を乗せる工事が必要となります。

具体的に言うと、地デジのケーブルとBSのケーブルを混合器で1つのケーブルにまとめ、分配器を通して各部屋へBS(と地デジ)の電波を送る形です。この工事をしなければ、各部屋に既設のテレビコンセントに繋いでBS/CS番組を見る形にはなりません。

この場合、既存設備によって工事内容が異なる為一軒一軒見積もり内容が変わってきますが、ブースターの追加や交換が必要になるなど1部屋で見られれば良いケースに比べて高額な工事費用がかかるケースがほとんどです。

BS4K8Kに関する注意点

BS/CSアンテナの追加工事を行う際、注意しなければならないのが2018年12月より放送がスタートしているBS4K8K放送についてです。

BS 4K8K放送を視聴する為には、テレビ本体、BS/CSアンテナ本体以外にも、ブースターや分配器、ケーブル等の周辺機器など視聴に関わるほとんどの設備が4K8K対応の製品である必要があります。

地デジアンテナを設置したのがかなり昔の方などは利用しているケーブルや分配器などが4K8Kに対応していない可能性が高く、周辺機器を丸ごと交換する工事が必要となり工事費用が跳ね上がります。

リビングの4K対応(チューナーアリ)テレビだけで見られれば良い、という場合には4K8Kアンテナと直接ケーブルで繋げばいいのでこの限りではありませんが、場合によっては高額な工事費用がかかるケースがあるので注意してください。

 

BS/CSアンテナの増設は自分でできる?

BSアンテナの追加工事を業者に依頼すると工賃が発生するので、自分でアンテナを用意して設置する場合と比べると費用がどうしても高くなってしまいます。

1部屋で視聴できれば良い場合のBS/CSアンテナの設置は、アンテナのDIYの作業の中では比較的簡単に設置することが出来ます。

とはいっても、電波が取れるか・配線を取り回せるかなど一定の知識は必要です。

一方複数の部屋での視聴したい場合のBS/CSアンテナの設置は、高所作業や壁の加工などの作業が必要になる場合も多く、素人では難しい作業です。

テレビアンテナのDIYについては以下の記事でまとめていますので、興味がある方はそちらをご覧ください。

 

まとめ

BS/CSアンテナの追加工事は、視聴スタイルや4K8K放送への対応等によって料金が変動します。

また依頼する業者選びも重要です。

当サイトでは以下の記事で各地域でおすすめのアンテナ工事業者を紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。


⇒みずほアンテナの公式HPはこちら