BSアンテナが無くてもBS放送は見れる?アンテナなしでBS放送を視聴する方法

BS放送に限らず、テレビを視聴するにはアンテナを設置するのが一般的です。

ただ最近はアンテナを設置しないでもテレビを視聴することができ、そのような方法でテレビを視聴している家庭も増えてきています。

そこでBSアンテナを設置しないでもBS放送を視聴する方法をご紹介します。

料金面などを考慮してBS放送を視聴するためのベストな方法を解説していきます。

 

 

BSアンテナが無くてもBS放送を見れる方法

BS放送を視聴するためには、BSアンテナ(パラボラアンテナ)を設置するのが一般的です。

ですがBSアンテナを設置するスペースが無い、周辺に高層建築物等があるなど周辺環境の影響でBSアンテナを設置しても電波を受信することができない、など何かしら理由があってBSアンテナを設置できない場合でも

  • ケーブルテレビに加入する
  • 光回線テレビのサービスを契約する

ことでBS放送を自宅のテレビで視聴することができます。

ケーブルテレビに加入してBS放送を視聴する

ケーブルテレビは地域によって様々な会社がありますが、J:COMなどが有名です。

ケーブルテレビに加入すれば、アンテナを設置しないでも地上波放送と衛星放送を視聴することができます。

ケーブルテレビでテレビを視聴するには、導入時の工事が必要です。

光回線を利用してBS放送を視聴する

光回線が使える環境で光回線テレビのサービスの契約をすることでBS放送を視聴することもできます。

フレッツ・テレビやひかりTVなどが有名です。

自宅がすでに光回線を利用していれば、加入している会社に光テレビを申し込めばテレビが視聴できるようになりますが、光回線を利用していない場合は導入工事が必要です。

また光回線テレビは、地域によってサービス提供がされていない場合もあります。

 

コスパを求めるならBSアンテナを設置するのがおすすめ

コスパを求めるならBSアンテナを設置するのがおすすめ

BSアンテナを設置する・ケーブルテレビに加入する・光回線を利用する中で最も安くBS放送を視聴できるのはアンテナを設置してBS放送を視聴する方法です。

BSアンテナを建てた場合の費用

BSアンテナは最初に工事料金がかかりますが、一度工事してしまえばアンテナが壊れない限り無料でBS放送を視聴することができます。(NHK受信料や有料チャンネルの月額料金を除く)

BSアンテナの工事料金は、アンテナ工事業者などに依頼した場合15,000円~が相場となっています。

以下の記事で設置場所別のBS/CSアンテナの工事費用の相場などを解説していますので、そちらも参考にしてみてください。

ケーブルテレビやひかりテレビはランニングコストが高い

ケーブルテレビでBS放送を視聴する場合は、毎月5,000円~10,000円前後の固定費が必要になります。また初期費用で工事費と契約事務手数料合計10,000円前後が発生します。

業者によってはキャンペーンなどが実施されているので必ず上記の金額になるわけではありませんが、BSアンテナを設置する場合とくらべると月額料金に大きな差があります。

ただケーブルテレビは、有料チャンネルのパックやインターネット、固定電話回線などの様々なサービスがセットになったプランが豊富に用意されているので、人によってはピッタリのプランがある可能性もあります。

光回線を利用して光テレビでBS放送を視聴する場合は、各社によって月額料金が大きく異なりますが、フレッツ・テレビの場合は月額750円~でBS放送を視聴することができます。

しかし光テレビでBS放送を視聴するためには、基本的に光回線の契約が必要です。そのため、長い目で見るとBSアンテナを設置してBS放送を視聴するほうがコストを抑えることができます。

 

ケーブルテレビ・光テレビでBS放送を視聴するメリット

BSアンテナを設置してBS放送を視聴するほうが料金面では軍配が上がりますが、BSアンテナは大雨や雪などの悪天候時に映像が映らなくなる可能性があります。

テレビの電波は、雨粒で電波が反射されたり吸収されたりします。

特にBS放送の電波は、雨粒での電波の減衰を強く受ける性質があり、土砂降りのような雨が降ってしまうと放送が視聴できない場合もあります。

またアンテナに雪が積雪したり氷の膜がはりついてしまうことで、正常に電波が受信できなくなってしまい、BS放送が視聴できなくなる場合もあります。

ケーブルテレビ・光テレビでは悪天候の影響を受けずに安定してクリアな映像を視聴することができますので、豪雪地帯など地域によってはコストを度外視にしてケーブルテレビ・光テレビを利用したほうが安定してBS放送を楽しめる可能性もあります。

またアンテナを設置する場合、屋根の上やベランダに設置するのが一般的です。

そのためアンテナを設置すると自宅の外観を壊してしまう可能性があります。比較的目立たないベランダにBSアンテナを設置しても、今まで利用できていたスペースを圧迫する可能性があります。一方アンテナなしで視聴できるケーブルテレビ・光テレビは、そのような心配がありません。

 

マンション・アパートなどの集合住宅では個人でアンテナを設置しないでもBS放送が視聴できる場合も

最近では地デジアンテナ以外にBSアンテナを設置している物件や、ケーブルテレビ付き物件が増えてきています。このような物件では個人でBSアンテナを設置しないでもBS/CS放送が視聴できます。

「マンションやアパートに住んでいてBS放送を視聴したいけれどアンテナを設置するか悩んでいる」というような方は、今住んでいる住宅ですでにBS放送を視聴できる可能性もありますので、まずはBS放送が視聴できるかを確認してみてください。

マンションやアパートでBS放送が視聴できるかを確認する方法は以下の記事でまとめていますので、そちらを参考にしてみてください。

 

まとめ

BSアンテナ
  • 初期費用の相場は15,000円~
  • 一度立てれば以降無料で視聴できる
  • 悪天候時に放送が映らなく場合がある
  • 設置場所によっては自宅の外観を損ねたり、スペースを圧迫する
ケーブルテレビ・光テレビ
  • 初期費用はプランやキャンペーンで異なる
  • 毎月料金が発生する
  • 天候の影響を受けづらいので地域によってはコストを度外視する価値がある
  • アンテナのように自宅の外観などに影響を与えず視聴できる

BSアンテナが無くてもケーブルテレビや光テレビに加入することで、BS放送を視聴することが出来ます。

ですがケーブルテレビや光テレビを利用する場合とBSアンテナの設置で比べると、お得にBS放送を視聴することができるのはBSアンテナの設置です。

ただ、ケーブルテレビや光テレビにもメリットはありますので、どの部分を重視するかよく検討して導入するのがおすすめです。

当サイトでは各地域のおすすめアンテナ工事業者と費用の相場もご紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。


⇒みずほアンテナの公式HPはこちら