悪天候の影響で急にテレビが映らなくなってしまうことがあります。

特に衛星放送の電波は、雨や雪の影響を受けやすくなっています。

ただ雨が降るたびにテレビが全く映らなくなるというような場合は、アンテナが正しい方向に向いて設置されていないなど、もともと天候以外の何かしらの原因がある可能性があります。

この記事ではBSアンテナの電波の受信と雨や雪の関係、そして対策方法についてご紹介します。

アンテナが雨や雪で倒壊することがある

今まで綺麗に映っていたテレビが急に映らなくなった場合、雨や雪が降っていたらそれら天候の影響でアンテナが電波を受信できなくなってしまった可能性が考えられます。

アンテナの固定がしっかりとできていないと、アンテナ本体が雨に打たれたことがきっかけで固定が緩み、アンテナが倒れる場合もあります。

雪の重みに耐えられずアンテナが倒れることもありますし、屋根の上に積もった雪が溶けて地上に落ちる際にアンテナや配線に引っかかりアンテナが倒壊することもあります。

またアンテナが倒れなくても、少しアンテナが今までの固定していた位置とずれてしまうと上手く電波が受信できなくなってしまうこともあります。

 

BS放送は特に大雨や雪の影響を受けやすい

テレビの電波は、雨粒で電波が反射されたり吸収されたりします。

特にBS放送の電波は、雨粒での電波の減衰を強く受ける性質があります。

そのため大雨が降ってしまうと、アンテナが受信できるBS放送の電波が普段より弱くなってしまい、テレビが映らなくなってしまうこともありえます。

また雨と同様に雪もBS放送の電波に障害を与えます。

またアンテナに雪が積雪したり氷の膜がはりついてしまうことで、正常に電波が受信できなくなってしまうこともあります。

 

BSアンテナが雨で影響を受けないための対策

BS放送の電波は雨で弱まってしまう性質がありますが、正確なアンテナの調整と固定ができていれば、少しくらいの悪天候でテレビが見れなくなるということはそうそうありません。

雨が降るたびに映像が乱れてしまうような場合は、通常の状態でもテレビがギリギリ視聴できるアンテナレベルでしか電波が受信できていない可能性が濃厚です。

まずはしっかりとアンテナの方向調整ができているかを確認してみましょう。

ただし屋根の上にBSアンテナが設置されている場合は、自分で屋根の上に登って確認するのは危険です。

屋根の上から落下して怪我をしたり、命を落としてしまうリスクがありますので、アンテナ工事業者などのプロに依頼するようにしてください。

またベランダにBSアンテナを設置していて、窓から隙間ケーブルを使って配線を引っ張っている場合は、隙間ケーブルの利用をやめエアコンの穴などから配線を繋ぐことで電波強度の改善が見込めます。

隙間ケーブルは壁に穴を開けることなく室内に配線をつなぐことが出来る便利なアイテムですが、アンテナからテレビの間に繋ぐケーブルが多いほど、テレビに届く電波強度が弱まってしまう性質があります。

ブースターを利用していない場合は、ブースターを利用することで改善が期待できます。

ブースターは地デジ放送用、BS/CS放送用、地デジ+BS/CS放送用といくつか種類がありますので注意して選択するようにしてください。

 

BSアンテナが雪で影響を受けないための対策

雪の影響でBS放送が視聴できない場合も、雨の場合と同様にまずは十分な電波が受信できているか、しっかりとアンテナの方向調整ができているかを確認します。

その上でブースターを設置していない方はブースターの設置、隙間ケーブルを利用している方は配線の見直しを検討してみてください。

また十分な電波が受信できている場合でも、豪雪地帯など地方によっては着雪・着氷によるアンテナの受信障害の対策が必要になってきます。

  • アンテナを雪が積もりにくい軒下に設置したり、積雪した場合に手入れがしやすいベランダに設置する
  • アンテナカバーをつける
  • 雪よけスプレーを塗っておく

などがあります。雪よけスプレーは手軽に対策でき、効果も期待できるのですが、散布しすぎるとアンテナが受信障害を起こす可能性もありますので、適切な使い方を守って利用してください。

おすすめの記事