BS/CSアンテナとは?設置工事の内容と費用の相場を解説

BS/CSアンテナとは?設置工事の内容と費用の相場を解説

「みたい番組を見るためにはBS/CSアンテナが必要って言われたけどそれ何?」
「BS/CSアンテナの設置工事ってどんなことをするの?」
「BS/CSアンテナの工事の費用ってどのくらいかかかるの?」

BS/CSアンテナは衛星放送を視聴する場合に必要です。衛星放送には専門的なチャンネルが多く、魅力的な番組も多数ラインナップされています。

「今まで地デジしか見てこなかった。」という人では、見るために必要な工事や料金などが全くわからないという人も多いかと思います。

そこでこの記事では衛星放送を見るために必要なBS/CSアンテナについてまとめました。工事の内容や費用について解説していきます。

 

BS/CSアンテナとは?

BS/CSアンテナは衛星放送用のアンテナで、お皿のような形をした形をしたパラボラアンテナです。

衛星放送が利用する電波は、民法やNHKが使用している電波帯域・スカパーやWOWOWが使用している電波帯域などが分かれていますが、どちらもこのBS/CSアンテナで電波を受信します。

かつては110°アンテナ・125°アンテナ・128°アンテナなど、視聴する衛星別にアンテナの種類が分かれていました。しかし現在は全ての衛星放送を受信できるアンテナが販売されており、BSとCSの垣根は無くなってきています。

2018年12月より放送が始まったBS4K8K放送を視聴する為には、従来のアンテナや周辺機器を4K8K対応の製品に丸ごと交換する必要があります。こちらも2019年春ごろより、BS/CSのアンテナや周辺機器は4K8K対応の物が標準で使われるようになってきており、旧来の4K8K非対応のBS/CSアンテナ製品は徐々に姿を消しています。

BSとは?CSとは

BSとは【broadcasting satellite(ブロードキャスティング・サテライト)】の略称で放送衛星を使用した配信という意味です。CSとは【Communication Satellite(コミュニケーション・サテライト)】で通信衛星とも呼ばれます。

いずれにしてもBS・CSともに人工衛星を使用した通信形式の事を指しており、俗用としてはBS=NHKや民放の衛星放送、CS=スカパーやWOWOWなどの有料放送、といった形で使い分けられることが多いです。

 

BS/CSアンテナ工事の内容

DXアンテナ テレビを見るための配線図
画像引用:DXアンテナ

BS/CSアンテナは新規で設置する場合と、後から追加で設置する場合で施工内容が分かれます。

BS/CSアンテナを新規設置する場合の工事内容 後からBS/CSアンテナの追加工事を行う場合の工事内容
  • BS/CSアンテナ本体の設置・固定
  • ブースター等周辺機器の設置
  • ケーブルを使用して家の外壁にある接続口まで繋ぐ
  • BS/CSアンテナ本体の設置・固定
  • エアコンダクト等を使いケーブルを室内に取り込み、テレビに直接つなぐ

新築戸建てで地デジアンテナと同時に設置する場合には、各部屋でBS/CS番組を見られるような配線構造を前提に工事を行いますが、後からの追加工事の場合、特定の一部屋(1画面)でのみBS/CS放送を見られるようにする簡易的な工事をするのが一般的です。

特定の一部屋(1画面)でのみBS/CS放送を見られるような簡易的な工事の方が費用は安く、アンテナ工事の中では難易度も低いので条件さえ揃えば自分で設置することも可能です。

もちろん後からBS/CSアンテナの追加工事をする場合でも、新規で建てる時と同じように各部屋でBS/CS番組を見られるような配線構造をすることは可能ですが、その分費用は高くなります。

 

BS/CSアンテナ工事の費用の相場

工事の内容費用の相場
BS/CSアンテナ単体工事格子に設置15,000円~
壁面に設置18,000円~
屋根上に設置20,000円~
地デジ(八木式)アンテナ+BS/CSアンテナ45,000円~
(ブースター込み)
地デジ(デザイン)アンテナ+BS/CSアンテナ50,000円~
(ブースター込み)
地デジ+BS(スカパープレミアム対応マルチアンテナ)60,000円~
(ブースター込み)

BSアンテナは設置場所によって費用が変わってきます。一般的に一番安く設置できるのはベランダなどの格子に設置金具を固定しBSアンテナを設置する場合で、屋根の上にBSアンテナを設置する場合は高所作業台などで費用も高くなります。

また上記表の単独工事の費用にはブースターの費用は入っていません。複数の部屋での視聴を希望する場合や電波状況が芳しくない環境でのBSアンテナの設置の場合はアンテナの他にブースターが必要です。ブースター工事も行う場合は、上記の金額に+15,000円~ほどの料金が発生します。

一方、上記表の地デジとBS/CSアンテナの設置工事の費用はブースター込みの金額を記載しています。

BS/CSアンテナと地デジアンテナの設置工事を業者に依頼して行う場合、別々に設置工事をするよりもセットで工事したほうがトータルの料金でお得に設置出来る業者が多くなっています。これは、電波調査や実際の工事の出張費などのためです。

 

注意が必要なBS4K8K放送

BS/CSのアンテナ工事費用について注意しておきたいポイントがあります。それは、現在すでにアンテナが設置してあり、新しくBS4K8K放送を見たいという方が対応させるための工事を行う場合です。

BS4K8K放送は、周波数の関係上、従来のBS/CSアンテナでそのまま視聴する事が出来ません。また、アンテナ本体だけでなく、ケーブルやブースター、分配器等の周辺機器についても同様に4K8K対応の製品へ変更が必要となり、追加工事であっても新規設置並の工事費用がかかります。(約5万円~)

BS4K8K放送は必ずしも視聴しなければならないものではなくあくまで追加コンテンツの一つですが、各家庭の状況によって高額の費用をかけてまで対応させる必要があるかは疑問です。4K8K放送の詳細については下記記事もご覧ください。

 

まとめ

  • BS/CSアンテナは衛星放送を見るために必要
  • BS/CSアンテナの設置工事の費用は15,000円~
  • BS4K8K放送はアンテナ以外にもテレビからケーブルなど周辺機器全ての対応が必要なので注意!

BS/CSアンテナを簡単にまとめると上記の通りです。

なおアンテナ工事は主に下記の業者に依頼します。

  • 家電量販店
  • ホームセンター
  • 地元の電気店
  • ネット系アンテナ工事専門店

ヤマダ電機やノジマ、エディオン等の家電量販店やカインズ、コーナン、スーパービバホームなどのホームセンターが業者の名前としてはメジャーどころですが、オススメの依頼先はネット系のアンテナ工事専門業者です。

家電量販店やホームセンターは自社で施工を行わず各地の提携電気店を下請け施工に使っており、価格・サービス・保障・スピードなどすべての面においてネット系アンテナ工事専門業者の方が優れています。また、ネット系アンテナ工事専門店と比べると地元の電気店は費用が高い傾向にあります。

当サイトでは都道府県別にオススメのアンテナ工事専門業者をまとめていますので、アンテナ工事業者をお探しの方は、参考にしてみて下さい。


⇒みずほアンテナの公式HPはこちら