テレビアンテナ工事の詐欺に注意!その実態と手口とは

テレビアンテナ工事は普段の生活では中々やらないだけに、一般消費者にあまり知識がありません。それを良い事に、2003年から始まったアナログから地上デジタル放送への移行時には、全国で悪質な詐欺事件が発生しました。

このページでは実際にあった事例を基に、詐欺の手口や、詐欺に合わない為に注意すべきポイント、優良業者の見極め方などを解説していきます。

テレビアンテナ工事の詐欺事例・手口

テレビアンテナ工事詐欺事例1.訪問型

●3月20日14時頃、千葉県佐倉市内の一人暮らし高齢者(男性)から「ケーブルテレビ会社の職員を名乗る男が訪問し、地デジ対策によるケーブルテレビの利用料更新と称し、47万円を口頭で請求した。不審に思い、家族に相談すると言ったところ、男は立ち去った。」と、娘を通じ、連絡があった。しかし、ケーブルテレビ事業者からそのような請求を行った事実はない。関東総合通信局では、本件について、実害はなかったが、「悪質商法」と疑わしき事例として、関係機関へ情報提供するとともに、注意喚起を要請しました。

引用:総務省テレビ混信対策センター

テレビアンテナ業者でもケーブルテレビ会社でもない人間が突然訪れて地デジへの更新料を請求するという、あり得ない詐欺事件が発生していました。

テレビアンテナ工事に限らずですが、訪問販売・訪問セールスなど、仮に本当にある会社でもロクな案件ではありません。IT活用が当たり前のこの時代、足を使って一般消費者への訪問販売をしているような非効率な会社の言い分など一切聞かなくてOK。絶対に対応しないよう心掛けて下さい。

●総務省を名乗る人が自宅に訪問してきて、「アンテナの工事を今なら5万円でできる。領収書は後から持ってくる」と言われ、代金を支払った。

●平成20年4月13日(日曜日)、男性宅(札幌市内)に、家電量販店の名前を名乗る男が、「今後テレビを見るためには、地上デジタル放送に対応するための工事が必要。14,000円で工事をする」と訪問してきた。工事後、男性が「13,000円しか持ち合わせがない」と言うと、値引きすると言い、現金を受け取り退去

引用:総務省

こちらは、代金を先にもらって工事をしないという例です。総務省の人間が何もない一般家庭に訪ねてくることなどあり得ません。訪問型は基本的に一切無視が原則です。

テレビアンテナ工事詐欺事例2.電話型

●平成20年1月31日(木曜日)、女性宅(旭川市内)に、NHKを名乗るものから「地上デジタル放送が始まったので受信料の追加分として3万円を振り込め」との電話があった。

●放送局を名乗る人から、「地デジ対応のための工事を行うのでお金を用意して待っているように」との電話があった。

引用:総務省

国や放送事業者が、テレビアンテナ工事に関する金銭を要求する事は一切ありません。そもそも頼んでもいない物に対してお金を払う必要など一切ありません。

テレビアンテナ工事詐欺事例3.郵送型

総務省と名乗る人から、「政府の援助を受けて地デジ受信用の機器の販売をするので、費用を振り込むように」との文書が郵送されてきた。

引用:総務省

電話型と同じように、国や放送事業者が、テレビアンテナ工事に関する金銭を要求する事はそもそもありません。書面でも電話でも、いずれのパターンであっても公的機関を名乗る形が定番化していますが、お金を出す前に相手が本物かどうか必ず確認するクセをつけましょう。

BS4K8K放送への切り替えで同様の手口発生の懸念アリ

2018年12月に、BS放送で4K8K新チャンネルの放送がスタートしました。地デジへの移行の際は全国民が対象、4K8Kは移行したい人のみ対応、といった違いはありますが、いずれにせよこういった切り替え時を狙って、知識のない方につけこんでくる詐欺被害は十分懸念されます。

現在のところ具体的な事例について情報はありませんが、BS4K8K放送への移行は希望する人のみが対象であって、既存のテレビ視聴にはなんら関係ない、という点は覚えておいておき、様々な勧誘・詐欺には騙されないようくれぐれもご注意下さい。

テレビアンテナ工事で詐欺にあわない為に

ここでは、テレビアンテナ工事に関して、詐欺にあわない為に大切なポイントを解説していきます。

そもそもテレビ視聴は強制でもなんでもない

まず大前提として、テレビは嗜好品です。アナログから地デジに変わろうが、BSに4K8Kが追加されようが、切り替えの工事をしなければ視聴できないというだけのことであって、テレビアンテナに関する工事をしなければならない法律など無いという事です。

総務省のような公的機関がわざわざ一般家庭にアクションを起こすことはあり得ません。大前提として、テレビアンテナに関する工事は他人に強制される理由は一切なく、自分で依頼して初めて行うもの、という認識は持っておきましょう。

セールスは相手にするな

いずれの詐欺も、『工事を安くする』や『切り替えに費用が必要』といった形で最終的にお金を請求しますが、こちらから依頼しない限り支払う必要など一切ありません。

また、仮に詐欺ではなく真っ当な会社だったとしても、アポなしのセールスにお得な案件などありません。訪問だろうが電話だろうが郵送だろうが、頼んでもいないものは一切無視。これが鉄則です。

高齢者が狙われている!周りの方に周知徹底を

これら詐欺の多くは高齢者が狙われます。恐らくですが、現在進んでいる新BS4K8K放送への切り替えに対して、しっかりとした知識と適切な対処方法を知っている高齢者は限られているでしょう。

地デジ詐欺の前例と基本的な手口は似通うでしょうし、4K8Kは原則として変えなければならない物でもなんでもありません。何らかのセールスがきたら、必ず誰かに一度相談してから決めるよう、皆さんの周りにいる高齢者の方へお声がけをしてあげて下さい。

テレビアンテナ工事 優良業者の見極め方

ここでは、本当にテレビアンテナに関する工事を行いたい時に、どうすれば良い業者・格安でやってくれる業者を見つけられるのか、解説していきます。

テレビアンテナ工事を安心して依頼できるところはどこ?

テレビアンテナ工事を行っている家電量販店
ノジマ、ヤマダ電機、エディオン、ジョーシン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ケーズデンキ、コジマ電気、ベスト電気 等
テレビアンテナ工事を行っているホームセンター
カインズホーム、ビバホーム、コーナン、ジョイフル本田 等

全国的にも名が知られているこれらの店舗で、アンテナ工事を依頼する事が出来ます。こちらに依頼すれば確実に詐欺に合う事はありません。

ただし、上記は工事費用が高い上に施工に至るまでに時間も手間もかかります。また、これらの会社は基本的に施工は全て地元の小さな電気事業者に下請けで流している為、技術力にもバラツキがあります。そこで、オススメしたいのが以下の専門業者です。

テレビアンテナ工事専門優良業者
みずほアンテナ、アンテナ侍、アンテナ110番、電翔、ライフテックス 等

こられ、主にネット上で広告展開している専門業者は、一般の方には馴染みが無い名前が多いかと思いますが、実店舗を構える家電量販店やホームセンターとは異なり、過酷な価格競争・サービス競争を行っている為、常に最安値かつ充実のサービスでアンテナ工事を提供しています。

詳細は各都道府県別のオススメ業者一覧をご覧頂きたいのですが、もしもテレビアンテナ工事を検討されている場合、これらネット系業者も選択肢に入れておきましょう。

優良業者の見極め方1.ホームページに会社概要や代表者を明記しているか

テレビアンテナ工事の業者の中には、ホームページはあるものの会社概要や代表者の氏名が書かれていないような業者も存在します。

そのような場合には、最悪詐欺まがいの悪徳業者の可能性もありますので、必ず会社概要は一度チェックしておきましょう。

優良業者の見極め方2.クレジットカードは取り扱っているか

クレジットカードでの支払いが可能かどうかをチェックしましょう。クレカ払いは、クレジットカード会社から、企業としての信用を得ている証拠。

自身が現金・クレジットカードのどちらで支払いをするかに関わらず、クレジットカード決済を受け付けていないところは避けた方が無難です。

優良業者の見極め方3.自社スタッフが施工しているか

家電量販店やホームセンターがそうであるように、ネット上で一見専門業者のように見えるところでも、実は施工は全て下請け、というところも少なくありません。

下請け施工には下記のようなデメリットがあります。

  • 経験が蓄積されない為、施工の技術力が下請け先によってバラバラ
  • 中間マージンが発生するので料金が高くなる
  • 仲介者がいる分、連絡不備や連絡の遅延が増える
  • 窓口となる会社は実際に施工をしていない為、技術的な質問に回答・対応ができない
  • 万一のトラブル発生時に責任の所在があいまいになる
  • トラブル発生時に、たらい回しにされる危険性がある

テレビアンテナ工事を全国対応している業者はほぼ下請け施工と考えて間違いありません。全国の個人経営の小規模電気店に仕事を回して、利ザヤを稼いでいるだけの企業は存在します。

一方、自社施工であれば、テレビアンテナ工事に関する知見が溜まっていき、何かあった時の責任の所在もハッキリしています。出来る限り、自社スタッフが施工している業者を選ぶことをオススメします。

優良業者の見極め方4.相見積もりで対応を見よう

実際にテレビアンテナ工事を行う際、まずは見積もり依頼という形で問い合わせを行います。

その際、必ず複数社から見積もりを取りましょう。工事費用を安く抑える事に繋がるだけでなく、その際の対応によって、業者の良し悪しが見えてきます。

具体的には下記のような返答のところはあまりオススメしません。

  • 見積もり内容が1パターンしかない
  • 見積もり内容がセット金額しか乗っておらず詳細が分からない
  • こちらが問い合わせた事に返答が無いテンプレメール
  • 営業電話がしつこい
  • とにかく早く工事日(現地調査日)を決めさせようとしてくる

営業の有無に関しては、内容さえまともならば有っても良いとは思いますが、電話にせよメールにせよ、細かい部分の対応に業者の良し悪しは必ず見えてきます。

優良業者の見極め方5.ランキングサイト・口コミサイトをアテにするな

テレビアンテナ工事の業者を選ぶ上でネットを検索すると☆マークで点数化したり、よく分からない理由で順位付けをしているランキングサイトが多数出てきます。

ですが、これらは全て業者自身か業者から依頼されたステマサイトです。

また、業者の口コミを集めたサイトも多数ありますが、こちらもほぼ100%と言って良いほど捏造口コミ・点数操作が行われています。

日用品や食品のように、何度も利用するような物ならば口コミが掲載されるのも分かりますが、テレビアンテナ工事なんて、一生で多くて2~3回。下手すると1回しかやらないという方がほとんどです。そのような工事をわざわざランキングサイトや口コミサイトに投稿するでしょうか?私なら何の得も無い口コミなどわざわざ書き込みません。

全く変動しないランキング、何十、何百もの口コミがあってその全てが高得点。こんな事はあり得ません。ネット上のランキングサイト・口コミサイトには必ず裏がありますので、そういったサイトはどんな業者があるのかを知るのに利用する程度で、中身は一切参考にしなくてOKです。

テレビアンテナ工事の詐欺 まとめ

世の中には様々な詐欺がありますが、テレビアンテナ工事に関しては、初歩的な知識さえあれば、必ず被害は防げます。

  • セールスは徹底的に無視する
  • 工事を依頼する際には、必ず誰かに一度相談してからにする
  • 高齢者への周知・声掛けを意識しよう
  • 優良業者は自分の目と耳で選ぶ

これら注意点を覚えて頂き、一人でも詐欺被害に合われる事の無いよう、願っています。

参考:テレビアンテナ新設工事の相場 ブースター込み

  • 八木式アンテナ 35,000円
  • デザインアンテナ 40,000円
  • 八木式アンテナ+BS/CSアンテナ(左旋非対応) 60,000円
  • デザインアンテナ+BS/CSアンテナ(右左旋対応) 65,000円

価格に含まれる内容

アンテナ本体、取り付け金具、ケーブル、ブースター等の部品代金と工賃コミコミ

参考:テレビアンテナの修理・交換費用

  • アンテナの角度調整・固定し直しのみ……5,000円~8,000円
  • 地デジ用八木式アンテナの交換……15,000円~18,000円
  • 地デジ用デザインアンテナの交換……20,000円~24,000円
  • BS/CSアンテナの交換……12,000円~15,000円
  • ブースターの交換……15,000円~18,000円

※部品代・工賃コミの総額です

おすすめの記事