地デジを見るにはアンテナとケーブルテレビどっちがお得かを比較

地デジを視聴するには、地デジアンテナを設置してテレビの電波を受信するかケーブルテレビなどに加入してインターネットを介してテレビの電波を受信しないといけません。

それぞれにメリット・デメリットが有りどちらがおすすめかは人によって異なってきます。

そこで、地デジアンテナを設置する場合とケーブルテレビに加入する場合のコストの違いとメリット・デメリットについてまとめました。

どちらで地デジを視聴するか迷っている方は是非参考にしてみてください。

 

地デジアンテナの設置とケーブルテレビの加入のコストを比較

地デジアンテナを設置して地デジを見る場合とケーブルテレビに加入してテレビを見る場合の大きな違いはコストです。

それぞれの視聴方法のコストについて見ていきましょう。

地デジアンテナで地デジを見る場合の料金

地デジアンテナを設置して地デジを見る場合、最初の初期費用(工事代金)がかかりますが月々のランニングコストは基本的にはかかりません。

地デジアンテナ本体は安いものだと2,000円前後で購入できますが、アンテナの設置は素人では難しい作業になりますのでほとんどの方は業者に依頼するのをおすすめします。

業者に地デジアンテナの設置を依頼した場合の設置費用は、35,000円前後(地デジアンテナ取り付け+ブースター設置)が相場です。

大手アンテナ工事業者の地デジアンテナ取り付け工事の費用
 アンテナ工事料金対応地域キャッシュレス決済
みずほアンテナ
⇒公式HP
八木式アンテナ:16,500円~(税込)
デザインアンテナ:22,000円~(税込)
関東:全域
関西:大阪・京都・奈良・兵庫
東海:愛知・岐阜・三重・静岡
九州:全域
電翔
⇒公式HP
八木式アンテナ:27,500円~(税込)
デザインアンテナ:38,500円~(税込)
関東:全域
関西:全域
東海:愛知・静岡・三重
快適生活エキスパート
⇒公式HP
要問合せ西日本全域
地デジやドットコム
⇒公式HP
八木式アンテナ:16,500円~(税込)
デザインアンテナ:22,000円~(税込)
関東:東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城
東海:愛知・静岡・三重・岐阜
アンテナサービス
⇒公式HP
八木式アンテナ:16,500円~(税込)
デザインアンテナ:22,000円~(税込)
関西:大阪・京都・兵庫・奈良要問合せ

このように一度建ててしまえば費用がかからないアンテナの設置ですが、台風などによるアンテナの故障や寿命などで修理が必要になる場合があります。アンテナ本体は故障していなくて設置角度のズレなどの修正なら数千円、アンテナ本体の交換が必要なら15,000円~ほど必要になります。

とはいえ地デジアンテナは、一度立ててしまえば災害などの影響がない限り15年~20年は利用できるので長い目で見ると費用を抑えることができます。

また火災保険に入っていれば、台風などの自然災害によるアンテナの故障に保険が適用される場合もあります。以下の記事で地デジアンテナの故障原因と火災保険の適用についてまとめていますのでそちらも参考にしてみて下さい。

ケーブルテレビに加入して地デジを見る場合

ケーブルテレビで地デジを視聴する場合、毎月5,000円~10,000円前後の固定費が必要になります。また初期費用で工事費と契約事務手数料合計10,000円前後が発生します。

ケーブルテレビにも様々な業者があり、キャンペーンなども実施されているので必ず上記の金額になるわけではありませんが、地デジアンテナを設置する場合とくらべると月額料金に大きな差があります。

ケーブルテレビの料金には衛星放送チャンネルの視聴料金やインターネット、固定電話回線や業界大手のJ:COMでは格安SIM「J:COMモバイル」などの様々な料金が含まれています。また電力自由化に伴い毎月の電気代が割引になるプランも出ています。

それらのサービスを一括で利用する人では個別で契約するよりお得に利用できる可能性が高いのですが、地デジの視聴のみができればいいという人にはとても割高な料金設定です。

 

地デジアンテナとケーブルテレビのメリット・デメリット

メリット・デメリット

  メリット デメリット
アンテナ設置 コストが安い
必要なサービスだけ契約できる
設置するアンテナによっては外観を壊す
ケーブルテレビ加入 アンテナ不要でテレビが見れる コストが高い
契約の自由度が低い

このように、テレビを視聴する場合に最もコストを抑えることができるのはテレビアンテナの設置です。ですが、テレビアンテナならではのデメリットも存在します。

続いてアンテナ設置、ケーブルテレビそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

テレビアンテナのメリット

アンテナを設置する場合のメリットとしては、コストが安い自分に必要なサービスを自由に契約できるなどがあります。

上述したように、アンテナ設置は初期費用こそ高くなりますがテレビの視聴自体には(有料放送やNHK受信料を除いて)料金がかかりませんので、一度アンテナを設置してしまえば壊れない限り無料でテレビを見ることができます。

またアンテナ設置は地デジ放送のみ視聴したい方やインターネット契約が不要な方等の場合、自分に必要なサービスだけを自由に選択して契約することができるので、最低限の支出で抑えることができます。

ケーブルテレビの場合だと、地デジのみ視聴できればいい方でもBS・CS放送がセットになったプランしか用意されていなかったり、インターネット契約が必要だったりと、必要でないサービスの契約が必須になる可能性が高く、そのためコストは高くなる場合が多くなります。

ケーブルテレビのメリット

ケーブルテレビ

ケーブルテレビはアンテナを設置する必要がないので、自宅の外観を損なわずにテレビを視聴することができるいうメリットがあります。

テレビアンテナは、魚の骨のような形をした八木アンテナ、お皿のような形をしたパラボラアンテナというのを屋根の上に設置するのが一般的です。そのため新築などではデザインが受け付けられないという方もいらっしゃいます。

ただし、最近はデザインアンテナというのも普及しています。デザインアンテナは自宅の壁に馴染むようなアンテナとわからないような形をしており、自宅の電波環境次第では壁面やベランダなど、外から隠す形でアンテナを設置することも可能です。

 

まとめ

地デジを視聴する場合は、基本的には地デジアンテナを設置して地デジを視聴する方がトータルコストを抑えることが出来るのでおすすめです。

一方ケーブルテレビは様々なチャンネルを視聴できたり、インターネットや電話回線などの一括契約をした場合にトータルで見て安くなる可能性もありますので、一概にケーブルテレビがおすすめできないという事ではありません。

ですがほとんどの方がそれらのサービスを個別に検討していってそれぞれ自分にあったサービスを契約したほうが料金を抑えることが出来る可能性は高いです。

当サイトではそれらのサービスについては専門外ですので触れられませんが、地デジの視聴のみという部分にフォーカスした場合は地デジアンテナの設置をおすすめします。

以下のリンク先では各地域のおすすめのアンテナ工事業者と取付費用の目安をまとめていますので、そちらも参考に地デジアンテナとケーブルテレビどちらがいいか検討してみて下さい。

北海道 北海道
東北地方 青森県 岩手県  宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信・北陸地方 新潟県 富山県 福井県 石川県 山梨県 長野県
東海地方 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
沖縄 沖縄県