地デジアンテナの設置場所は?メリット・デメリットでおすすめの場所を紹介

地デジアンテナの取り付け工事を行う場合、電波状況によっては取り付けできる場所が限定されますが、あらかじめどこに地デジアンテナを設置するかを決めておく必要があります。

設置する場所によって、取り付け工事の費用が上下したり、また取り付ける地デジアンテナの種類が変わってきます。最終的にはアンテナ工事を依頼する業者と相談して、取り付け場所とアンテナの種類を決定することになるのですが、選択するためにはある程度事前に把握しておきたいポイントがあります。

そこで地デジアンテナの設置場所についてまとめました。

地デジアンテナの設置場所ごとのメリット、デメリットと地デジアンテナの種類をご紹介します。

 

地デジアンテナの設置場所

地デジアンテナを設置できる場所は、主に以下の場所です。

  • 屋根の上
  • ベランダ
  • 屋根裏
  • 外壁・壁面
  • 室内

それぞれの設置場所のメリット・デメリットを見ていきましょう。

屋根の上に地デジアンテナを設置する場合のメリット・デメリット

地デジアンテナを設置する場所として最も一般的なのが屋根の上です。

屋根の上に地デジアンテナを設置するメリットは、電波が安定しやすい点があげられます。テレビの電波は性質上高い場所の方が強度が強くなります。また屋根の上は、建築物や樹木などの電波を妨害するおそれがあるものの影響を最も受けません。さらに一般的な屋根の形状ならアンテナを360度どの方向にも向けることが出来るので、角度の調整も容易です。そのような理由から家屋に地デジアンテナを設置する場合最も電波が安定するのは屋根の上になります。

屋根の上に地デジアンテナを設置するデメリットは、外観を損なう点と災害の影響を受けやすい点です。特に屋根の上に地デジアンテナ設置する場合のアンテナは、魚の骨のような形をした八木アンテナというのが一般的です。

八木アンテナは大きさもそこそこありまた独特のフォルムということもあって、新築など自宅の外観にこだわりがある方は屋根の上に八木アンテナを設置するのを好まない方が多くいらっしゃいます。また風の影響でアンテナの角度がずれたり、ひどい場合には落下したり、鳥害のリスクなどを受けることもあります。

ベランダに地デジアンテナを設置する場合のメリット・デメリット

八木アンテナ ベランダ設置

ベランダは、屋根の上に地デジアンテナを設置するより劣りますがそれでも条件さえあえば十分な電波を受信できます。また屋根の上に地デジアンテナの取り付け工事を業者に依頼する場合は高所作業料などが発生する場合があるのですが、ベランダの取り付け工事ではその費用を抑えることができます。(高所作業料が必要になる条件は各業者によって異なりますのでご利用前にご自身でご確認下さい。)

風の影響などでアンテナの角度がずれた場合でも比較的容易に角度の調整が出来るなど、アンテナのメンテナンスがしやすいというメリットもあります。またベランダが道路に面していないのなら、外観を気にする人でも妥協できる方もいらっしゃるかと思います。

一方ベランダに地デジアンテナを設置するデメリットは、屋根の上に設置する場合とくらべると電波が安定しないので環境によっては設置できない点、またアンテナがベランダのスペースを圧迫するという点などがあげられます。

特にベランダに地デジアンテナを取り付ける場合は方角が限定されてしまいがちなので、環境によっては無条件で設置できないという場合も出てくるでしょう。

またどうしても物理的にベランダのスペースを圧迫してしまいます。集合住宅の場合は避難経路としてベランダが使われる場合もあるので、スペースを妨害するような設置方法だと大家や不動産会社などに断られる可能性もあります。

屋根裏に地デジアンテナを設置するメリット・デメリット

八木アンテナ 屋根裏設置

屋根裏にアクセスでき、アンテナを設置出来るスペースが有れば屋根の裏に地デジアンテナを設置することもできます。

屋根の裏に地デジアンテナを設置するメリットは、完全に地デジアンテナを隠すことが出来るので外観を損なう事はありません。また、雨や風などアンテナの劣化の原因となるものの影響を受けないので、他の設置場所よりアンテナを長く使うことが出来る可能性が高いという恩恵を受けることもできます。

一方で屋根の裏に地デジアンテナを設置するデメリットは、屋根や壁などの影響で電波が悪い可能性がある点です。外壁などの影響がない屋根の上と比べるとどうしても電波状況が悪い可能性がありますので、東京スカイツリーのような電波塔が目視できるような電波強度が高い地域でないと屋根裏の地デジアンテナの設置は難しくなってきます。

外壁・壁面に地デジアンテナを設置する場合のメリット・デメリット

外壁・壁面に地デジアンテナを設置する場合、デザインアンテナというものを設置するのが一般的です。

デザインアンテナは箱のような形をしていて、知らない方ならアンテナとわからないほど八木アンテナと比べておしゃれです。カラーバリエーションも豊富に用意されているので、自宅の外観にマッチして地デジアンテナを設置できるというメリットがあります。

一方で屋根の上に比べると電波の強度が弱くなる傾向があり、取り付けることが出来る場所も限定されます。またデザインアンテナは八木アンテナと比べて5,000円ほど高いというデメリットもあります。

室内に地デジアンテナを設置する場合のメリット・デメリット

室内に地デジアンテナを設置する場合、室内アンテナというものを設置するのが一般的です。

室内アンテナは安いものだと1,000円代から購入でき、設置工事などが必要ないのでコストを抑えることができます。また外観を損なうこともありませんし、おしゃれな形状のものが多いので、違和感なく室内に設置することができます。

一方室内アンテナは電波の受信感度が悪いので、電波塔の近くの環境など利用できるエリアがかなり限定されます。

 

テレビアンテナの種類と設置場所

テレビアンテナの設置場所を検討する際には、あわせて設置したい地デジアンテナの種類も考えておきましょう。

2021年現在、地デジアンテナには大きく分けて2種類あります。

一つは魚の骨のような形をした八木式アンテナ。もう一つは箱のような形状で八木アンテナと比べてスマートなデザインアンテナです。

八木アンテナは2,000円前後から、デザインアンテナは7,000円前後から購入でき、コスト面では八木アンテナに軍配が上がります。また室内に置くことが出来る室内アンテナもあります。前述したとおり受信性能は高くありませんが、商品の価格は1,000円前後から購入でき、工事は不要です。

八木アンテナは、屋根の上、屋根裏、ベランダに設置するのが一般的です。

デザインアンテナは、屋根の上・屋根裏・ベランダ・壁面・また室内に設置することもできます。ただ、コストと受信性能を考えると屋根の上ならデザインアンテナより料金が安く受信性能が高い八木アンテナでいいですし、室内なら八木アンテナよりさらに安い室内アンテナを設置する方が多く、デザインアンテナはベランダや壁面に設置する方が多い傾向です。

 

まとめ

設置場所メリットデメリット
屋根上電波が取りやすい八木式アンテナだと見た目が悪い
風などの影響を受けやすく故障しやすい
ベランダメンテナンスがしやすいベランダのスペースを圧迫する
屋根裏アンテナを隠せる
風等の影響がないため長持ちしやすい
電波が良好な地域でないと設置できない
壁面外観にマッチして設置できる電波状況によっては設置できない
室内室内アンテナなら非常に安価電波が非常に良好な地域でないと設置できない

地デジアンテナの本来の目的は地デジの電波を受信することです。そのため、電波状況が芳しくない環境では屋根上への八木アンテナの設置以外の選択肢がないこともあります。

地デジアンテナの設置場所の選択肢が豊富にある方でどこに地デジアンテナを設置すればいいか悩んでいる方は、コストを考慮するのか外観を考慮するのかで決めていくのがおすすめです。

コストを考慮する場合は、ベランダ、もしくは屋根上に八木アンテナを設置するのが無難です。また知識がある方ならベランダに八木アンテナを自分で設置することでさらにコストを抑えることができます。

外観を気にする方は、八木アンテナではなくデザインアンテナがおすすめです。その上で電波状況を考慮しながら自分の好みの設置場所を検討してみてください。なお大手アンテナ工事業者の地デジアンテナの取り付け工事の費用は以下のとおりです。

※表が途切れている場合横にスクロールしてご覧ください。

 八木式アンテナデザインアンテナ対応地域キャッシュレス決済
みずほアンテナ
⇒公式HP
16,500円~(税込)22,000円~(税込)関東:全域
関西:大阪・京都・奈良・兵庫
東海:愛知・岐阜・三重・静岡
九州:全域
電翔
⇒公式HP
27,500円~(税込)38,500円~(税込)関東:全域
関西:全域
東海:愛知・静岡・三重
快適生活エキスパート
⇒公式HP
要問合せ要問合せ西日本全域
地デジやドットコム
⇒公式HP
16,500円~(税込)22,000円~(税込)関東:東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城
東海:愛知・静岡・三重・岐阜
アンテナサービス
⇒公式HP
16,500円~(税込)22,000円~(税込)関西:大阪・京都・兵庫・奈良要問合せ

当サイトでは各地域のおすすめアンテナ工事業者を以下のページでまとめていますので、アンテナ工事を検討している方は是非参考にしてみて下さい。