アンテナを設置する場合、ケーヨーデイツーやカインズ、コメリ、ビバホーム、ジョイフル本田など全国的に有名なホームセンターで工事を依頼することができます。

テレビアンテナの取り付け工事をホームセンターで依頼する場合、どうやって申し込めばいいのか、また費用はいくらかかるのかについてまとめました。

ホームセンターにアンテナ工事を依頼しようか検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

アンテナ工事を依頼できるホームセンター

結論から言うと、全国的に有名な全てのホームセンターで、基本的にはアンテナ工事を依頼することはできます。

これらのホームセンターは、地元の電気やさんなどと業務提携をしており、依頼が入るとそれら下請け業者に工事を発注する。という流れをとっているところがほとんどです。

そのためアンテナ工事を行っている下請け業者を抱えていないホームセンターの場合は、アンテナ工事を依頼することができないかもしれません。

 

ホームセンターのテレビアンテナ設置の料金はいくら?

ホームセンターにテレビアンテナ工事を依頼する場合、正確な工事料金の総額は現地見積もりをした後になります。

新築一戸建てにおける新規のテレビアンテナ取り付け工事の場合、工賃の目安は以下のとおりです。

  • 地デジアンテナ……15,000円~
  • BS/CSアンテナ……12,000円~
  • ブースター……地デジ用10,000円~/地デジ+BS用20,000円~

ただしこれらはあくまで工賃のみの金額で、実際にはアンテナ本体の金額が上乗せされます。取付金具などはアンテナを購入すれば含まれる場合がほとんどですが、お住いの環境などによっては別途追加購入が必要になる場合もあります。

そしてホームセンターでアンテナ工事をする場合は、依頼するホームセンター購入したアンテナのみ工事を受け付けている場合がほとんどです。

アンテナ本体については、通販などで購入したほうが割安に用意できる場合が多いのですが、そのように自分で用意したアンテナの取付工事をホームセンターでは受け付けていない所が多いため注意が必要です。

複数の部屋でテレビを視聴する場合は分配器が必要になったり、アンテナ配線を通すために壁の穴あけ工事が必要になったり、と住まいの環境に左右されますが、新規で地デジ+BS/CSアンテナの取付工事をホームセンターに依頼した場合、80,000円~100,000円程の金額が目安になるかと思います。

 

ホームセンターでアンテナ工事を依頼する場合の流れ

  1. 実店舗もしくはHP上でアンテナ工事を依頼する
  2. 後日業者がアンテナ工事ができるか、工賃の金額はいくらになるかなどの現地調査に来る
  3. 問題がないようなら依頼。実際の工事は後日。

ホームセンターでアンテナ工事を依頼する場合、上記のような流れになるため、実際にアンテナ工事が行われるのは依頼してから速くても一週間ほどはかかります

台風シーズンなどはアンテナの修理などで予約が埋まっていることも多く、依頼してから2ヶ月後工事ということもありますので注意が必要です。

 

テレビアンテナの取付はどこに依頼するのがオススメ?

テレビアンテナ工事は、ホームセンターの他にも主にネット上で集客を行っているテレビアンテナ工事の専門業者へ依頼する事も可能です。

ホームセンターと比較した場合、ネット系の専門業者は

  • 料金が安い(地デジ+BSで6万円~)
  • オンラインで24時間の見積もり依頼が可能
  • 家電量販店のように提携(下請け)を使わないところもある為見積もりまでスピーディ
  • 無料の施工保証が5~10年(ホームセンターは保証無しor有料保証)

このようにホームセンターに比べてメリットが多いです。手間も料金も余計にかかるホームセンターへ依頼するよりは、ネット系専門業者に依頼するほうがオススメです。

 

テレビアンテナの取付は自分で出来る?

テレビアンテナの設置は、電気関係の加工が含まれない限り特に必要な資格はありません。その為、DIYでの取付も可能です。地デジアンテナやBS/CSアンテナの設置に必要な部材(アンテナ本体、ケーブル、固定金具等々)を調達し、自力で取り付けを行えば工賃は一切かかりません。その為、ジョーシンにアンテナ工事を依頼するよりも3万円以上トータルでコストカットできるでしょう。

ただし、テレビアンテナをDIYで取り付けるには、求められる技術レベルは高めです。基本的な工具を持っている、取り扱うスキルもある、というのがまず大前提。加えて、電波測定器が無い場合、電波が受信できるかどうかは出たとこ勝負になり、必ずしもテレビが見られるようになる保証はありません。また、高所作業で落下してケガをしたり、設置したアンテナが倒壊して隣家へ被害を与えてしまったり、自身のスキルによっては大きなリスクもあります。

下記ページにてDIYの詳細は記載しておりますが、リスクとリターンを冷静に判断し、DIYか業者へ依頼か、最善の選択をして下さい。

⇒みずほアンテナの公式HPはこちら

おすすめの記事