テレビアンテナ工事の費用って分かりづらいと思ったことはありませんか?どの業者を見ても料金提示の仕方が全然違うし、詳細が書かれていない事も多いですよね。そこで、アンテナ工事業界の裏事情も知る管理人が、アンテナ工事の費用にまつわる仕組みを暴露していきます!

テレビアンテナ工事を新規で頼んだ場合の費用・相場

地デジアンテナ工事(八木式アンテナ)30,000円~38,500円(税込)
地デジアンテナ工事(デザインアンテナ)35,000円~44,000円(税込)
地デジ+BS(八木式+4K8K対応)50,000円~65,000円(税込)
地デジ+BS(デザインアンテナ+4K8K対応)55,000円~70,000円(税込)
地デジ+BS(スカパープレミアム対応マルチアンテナ)55,000円~80,000円(税込)
※ブースター工事コミの総額です。

まず初めにテレビアンテナ工事を業者に依頼した場合にかかる総額の費用ですが、上記が相場となっています。

これは、工事費用(技術料)・部品代・出張費等々全てコミコミのパッケージ料金で、多くの業者がこのようにワンパッケージで価格を提示しています。

テレビアンテナ工事がパッケージ料金になる理由とは?

このように総額費用だけを提示されると、「実は細かいところでぼったくられてないか?」といった疑心が生まれる方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそういった事ではなく、下記のような理由があるからです。

  • 設置する住宅の状況によって、使用する部品が細かく変わる
  • 全く同一の住宅など無い為、詳細な部品代等を見積もる手間が大きい
  • 現地を見なければ分からない事が多い(電波状況や宅内配線など)

中には、全ての部品代、内容別の工賃を提示して細かく料金を設定している業者もいますが、上記のような理由から、業者側もパッケージ式にした方が手間が少ない上に、消費者にも分かりやすい為、このような形になっているのです。

その為、ネジや固定用の金具、コーキング剤などの細かい部品は見積もり明細にも計上されませんし、それらの使用の有無によって料金が変わることはほとんどないのです。


※実際の見積書。このようにアバウトな料金表示でのパッケージ式が多い。

テレビアンテナ工事の料金が変わるポイント 基本編

では、パッケージ以外の部分で、どういった要素でアンテナ工事の料金が変わるのか、詳細を見ていきます。

地デジアンテナの種類

まずはアンテナ本体の種類です。

八木式アンテナ(UHFアンテナ)

画像のような魚の骨のような形をしたアンテナが八木式アンテナです。地デジアンテナの中では最も安価で、最安値で工事を行う場合にはこのアンテナが設置されます。

デザインアンテナ

こちらはデザインアンテナと呼ばれるタイプで、箱型で外壁などに設置されます。八木式アンテナよりやや高く、+2,000~5,000円程度料金は割り増しになります。

BSアンテナは4K8K対応か否かで費用が変わる

次にBSアンテナを設置する場合ですが、BS/CSアンテナは2018年12月より放送が始まったBS4K8K放送を受信できるようにするか否かでかつては料金が大きく異なりました。

しかし、2019年春頃からは、新規でBS/CSアンテナを設置する場合、4K8K対応のアンテナが標準となってきており、アンテナ工事業者のHP上でも4K8Kの対応・非対応を区別する業者は減っています。それに伴い、価格差もほぼ見られなくなっています。

ただ、業者によっては、未だに4K8K非対応のアンテナを在庫処分とばかりに何も言わずに設置する業者もいますので、BS/CSアンテナを設置する場合は、どちらのタイプなのか、またそれによって料金は変わるのか、予め確認しておきましょう。

ブースターの有無

テレビブースターとは、アンテナとテレビ本体の間に接続される部品で、アンテナで受信した電波をテレビが映るレベルまで電波を増幅する機能を持っています。

ブースターの設置工事にはアンテナ本体と同等レベルの金額・工賃(15,000~25,000円)がかかる為、中には「本当はブースターはいらないのに設置して料金を水増ししてるんじゃ?」と疑う方もいますが、新規設置では原則として必要な部品です。

と言うのも、新築戸建てのような複数の部屋でテレビを視聴することが前提の作りになっている場合、ブースター無しで各部屋で十分にテレビを視聴できるだけの電波が取れるのはごく一部の強電界エリア(電波塔から近いエリア)に限られているからです。

冒頭のパッケージ料金にはブースターの設置費用が含まれているので、ブースターがいらない場合には工事料金は大きく下がります。

しかし、業者が電波レベルを測定した結果、本来は必要と判断したにも関わらず「とりあえずテレビは映ってるからブースターはいらない」といった形でブースターの設置をしなかった場合、近隣に家が建つ・大きな木が植えられたなどのちょっとした周辺環境の変化でテレビが映らなくなる可能性が高まります

テレビアンテナ工事の中で大きなウェイトを占めるブースター工事ですが、安易に削って後々追加工事が発生して結局損をする、といった事の無いよう、設置業者の判断に従うのが無難な選択と言えるでしょう。

部品代を細かく設定している業者は総じて料金が高いので注意

hiyou-sikumi

テレビアンテナ工事には、アンテナ本体、ブースター以外にも、各種の取り付け用の金具や支線(ステー)など細かい部品があります。ただ、パッケージ料金で工事を行っている業者の場合、取り付け場所が変わって必要な金具が変わったからといって、料金を変えるようなことはしません

一方、これらの金具類についても細かく料金を設定している業者も中にはあります。ただ、そういった業者は合計料金がかなり高くなるケースがほとんどですので、基本的にはパッケージ料金で提示している業者の中から依頼先を選ぶのがオススメです。

テレビアンテナ工事の料金が変わるポイント 番外編

テレビアンテナ工事の料金は、主に前述の基本編に記載の内容によって料金が変わる事がほとんどです。ただ、テレビアンテナの設置工事で全く同じ住宅は一つも無いことから、中には下記のような特殊なケースで追加料金が発生するケースもあります。

出張費・電波調査費

これは、まだ工事を行う前に発生する可能性のある料金で、テレビアンテナを設置する現地で電波調査を行うこと自体に料金がかかるケースがあります。

テレビアンテナ工事は、実際にアンテナを設置する住宅に一つとして同じ物が無い為、現地調査をしなければ最終的な料金が出せないという理屈はもっともです。

しかし、かつては「工事を断ったら余計な料金がかかること」や「現地調査をしてもらった後は工事を断りづらい心理」を利用して、事前の大まかな金額提示すら一切せず、現地調査の段階で高額な料金を提示をし、工事まで強引にこぎつける業者が後を絶ちませんでした。

それが、実際にトラブルに発展したり、アンテナ工事の料金が不透明になっている事への不信感に繋がっていました。

現在はネットの発展に伴い、適正価格が知れ渡ってきたことや価格競争が進んだことで、そういった業者は淘汰されつつありますが、「事前の概算見積もり一切なし」+「出張料アリ」といった業者の中には、未だに不当に高額な料金請求をする業者がいるのも事実ですので十分ご注意下さい。

3階建て以上のアンテナ設置(高所作業料)

通常テレビアンテナ工事は2階建てまでの住宅を想定しています。これが3階建て以上の住宅となると、設置場所になる屋根上や外壁までハシゴが届かないため特殊車両が必要となったり、単純に作業員の危険度が増したりする為、高所作業量として追加料金が発生するケースがあります。

どれだけ熟練の職人でも、高所での作業が危険であることには変わりません。実際に落下事故も起きていますので、危険手当という意味でもこれは必要な料金と言えるでしょう。

分配工事

これは、自宅に分配器が設置されていない+複数の部屋でテレビ視聴を希望する際に発生する料金です。

通常、新築戸建ての場合、自宅の建物内部に設置される各種ケーブルと分配器については、施工を請け負ったハウスメーカーや工務店が設置していきます。その為、テレビアンテナ工事は家の外壁に設置されている引き込み口まで繋ぐのが通常の施工手順となっていて、自宅内部についてはタッチしません。

しかし、稀に分配器が設置されていないケースがあり、その場合テレビアンテナ工事の業者に分配器の設置を依頼する必要があり、その際に分配工事の料金がかかります。

料金は「1分配3,000円~」といったように分配する内容によってマチマチで、状況によって大きく変わります。

TVコンセントの追加工事

「この部屋でテレビが見たいのにケーブルを差し込むコンセントが無い!」っといった場合に必要になるのがテレビコンセントの追加工事ですが、これは建物内部の配線も関係してくる工事となる為、料金は高額になりがちです。

また、この工事を行う為には、電気工事士の資格が必要ですので、アンテナ工事業者では引き受けてくれないケースもあります。

テレビアンテナ工事の費用のポイントまとめ

地デジアンテナ工事(八木式アンテナ)30,000円~38,500円(税込)
地デジアンテナ工事(デザインアンテナ)35,000円~44,000円(税込)
地デジ+BS(八木式+4K8K対応)50,000円~65,000円(税込)
地デジ+BS(デザインアンテナ+4K8K対応)55,000円~70,000円(税込)
地デジ+BS(スカパープレミアム対応マルチアンテナ)55,000円~80,000円(税込)
※ブースター工事コミの総額です。

このように、テレビアンテナ工事は内容によって料金が変わるポイント、変わらないポイントが混在しています。それだけに分かりづらい仕組みになっていますが、基本は上記の表のとおりの総額を目安にすれば問題ありません。

また、費用に関してトラブルが発生するのは、消費者と業者間のコミュニケーション不足が最も大きな原因です。

工事を依頼する側も、しっかりと予備知識をつけて、自分の希望を整理した上で、最適な業者を選びましょう。