山武郡横芝光町で加入できるケーブルテレビ(CATV)とアンテナ工事の料金の比較

新築戸建てを購入した際、配線をつなげるだけではテレビを見ることができません。

新築戸建でTVを見る為には、以下の中から自分で選択してそれぞれ契約、工事をして初めてテレビが映るようになります。

  1. アンテナを建てる
  2. ケーブルテレビと契約する
  3. 光回線のサービス(ひかりTV・フレッツテレビ等)と契約する

それぞれ契約方法や必要な工事が異なり、初期費用やランニングコストなども変わってきます。

このページでは横芝光町で契約できるケーブルテレビと、アンテナ設置・ケーブルテレビの料金・メリットなどからどちらがおすすめなのかをご紹介します。

 

横芝光町はケーブルテレビのサービス提供外

現在、横芝光町がサービスエリアとなっているケーブルテレビはありません。

横芝光町でサービスを提供しているケーブルテレビが見つかり次第、随時情報を更新します。

 

横芝光町でテレビを見るには?アンテナ取り付け工事の料金の相場

横芝光町のアンテナ工事を業者に依頼した場合の費用の相場は以下のとおりです。

地デジ:UHFアンテナ 15,000円~(税込)
地デジ:デザインアンテナ 20,000円~(税込)
BS/CSアンテナ 15,000円~(税込)
地デジ:UHFアンテナ+BS/CS 30,000円~(税込)
地デジ:デザインアンテナ+BS/CS 35,000円~(税込)

 

八木アンテナ?デザインアンテナ?

八木アンテナは魚の骨のような形をしたアンテナです。住宅街を歩いて屋根の上を見ればすぐに見つかるくらい普及しているアンテナです。

デザインアンテナは、箱のような形をしていて、住宅の外観に馴染むアンテナ。新築物件などを中心に人気が高いアンテナです。

八木アンテナ、デザインアンテナなどの地デジアンテナの種類、性能などは以下の記事でまとめています。

アンテナ工事は一度設置してしまえば、アンテナが壊れない限りNHK受信料や有料放送の視聴料金を除いて料金が発生することはありません。

横芝光町でおすすめのアンテナ工事業者は以下のとおりです。

※表が途切れている場合横にスクロールしてご覧ください。

 地デジアンテナ費用
地デジ+BSアンテナ費用保証期間キャッシュレス決済
みずほアンテナ33,000円~(税込)49,500円~(税込)8年
アンテナ110番29,200円~(税込)39,400円~(税込)8年
あさひアンテナ30,000円~(税込)45,000円~(税込)10年
地デジやドットコム33,000円~(税込)49,500円~(税込)10年
キヨセアンテナ33,000円~(税込)53,800円~(税込)8年

※ブースター費用込みの参考価格です。実際の工事料金は設置環境により異なりますので各社へお確かめ下さい。

横芝光町で依頼できるアンテナ工事業者の一覧は以下のページでまとめていますので、そちらも参考に検討してみて下さい。

 

アンテナ設置とケーブルテレビのメリット・デメリット

メリット・デメリット

  メリット デメリット
アンテナ設置 コストが安い
必要なサービスだけ契約できる
設置するアンテナによっては外観を壊す
ケーブルテレビ加入 アンテナ不要でテレビが見れる コストが高い
契約の自由度が低い

このように、テレビを視聴する場合に最もコストを抑えることができるのはテレビアンテナの設置です。ですが、テレビアンテナならではのデメリットも存在します。

続いてアンテナ設置、ケーブルテレビそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

テレビアンテナのメリット

アンテナを設置する場合のメリットとしては、コストが安い自分に必要なサービスを自由に契約できるなどがあります。

上述したように、アンテナ設置は初期費用こそ高くなりますがテレビの視聴自体には(有料放送やNHK受信料を除いて)料金がかかりませんので、一度アンテナを設置してしまえば壊れない限り無料でテレビを見ることができます。

またアンテナ設置は地デジ放送のみ視聴したい方やインターネット契約が不要な方等の場合、自分に必要なサービスだけを自由に選択して契約することができるので、最低限の支出で抑えることができます。

ケーブルテレビの場合だと、地デジのみ視聴できればいい方でもBS・CS放送がセットになったプランしか用意されていなかったり、インターネット契約が必要だったりと、必要でないサービスの契約が必須になる可能性が高く、そのためコストは高くなる場合が多くなります。

ケーブルテレビのメリット

ケーブルテレビ

ケーブルテレビはアンテナを設置する必要がないので、自宅の外観を損なわずにテレビを視聴することができるいうメリットがあります。

テレビアンテナは、魚の骨のような形をした八木アンテナ、お皿のような形をしたパラボラアンテナというのを屋根の上に設置するのが一般的です。そのため新築などではデザインが受け付けられないという方もいらっしゃいます。

ただし、最近はデザインアンテナというのも普及しています。デザインアンテナは自宅の壁に馴染むようなアンテナとわからないような形をしており、自宅の電波環境次第では壁面やベランダなど、外から隠す形でアンテナを設置することも可能です。

重要なのは電波環境

アンテナ設置をする場合に最も重要なのは、設置する環境が電波を受信できる環境なのかということです。

テレビアンテナは地デジ放送の場合は電波塔、衛星放送の場合は衛星から発信される電波を受信してテレビが視聴できます。そのため、電波が届いてない環境でテレビアンテナを設置してもテレビを視聴することはできません。

一方ケーブルテレビは、ケーブルテレビ会社が受信し、ケーブルを使って各家庭まで電波を届けているので、アンテナでは電波を受信できない環境でもテレビを視聴することができます。


画像引用:マスプロ電工

上記画像は、電波の送信塔による配信番組の違いで、船橋市にある千葉(三山)電波塔からしか電波を取れないというケースでは千葉テレビしか映らない、という事を示しています。

横芝光町の地デジの電波

画像引用:A-PAB「放送エリアの目安」

この画像はオレンジの範囲が東京スカイツリーの電波が届いているエリアの目安、ピンクの範囲が東金中継局の電波が届いているエリアの目安、ブルーの範囲が下総光中継局の電波が届いているエリアの目安、というのを表しています。このように横芝光町は全域で地デジの電波が届いており、基本的には地デジアンテナを設置して地デジを視聴することができます。

なお上記画像の東京スカイツリーの電波はNHK・広域民放のカバー範囲となっています。東京スカイツリーからはその他に「TOKYO MX」の電波も発信していますが、横芝光町では「TOKYO MX」の電波を受信できる目安の範囲外となっています。

東京スカイツリーの「東京MX」の電波の範囲
横芝光町の東京MX の電波の範囲内房線周辺までが東京MXの電波が届く目安となっており、横芝光町は東京MXの電波の目安範囲には入っていません。ただ上記の画像はあくまでも目安で、範囲外でもアンテナの高さを取ったり、高性能アンテナを設置することで視聴できる例はあります。

ただし地デジ電波の場合は周辺環境によって状況が変わってきます。隣家が三階建てであったり、高層ビル・マンションが近くにあるというケースの場合、電波が乱反射する為、電波を取りにくいケースがあったりします。

また地デジ同様に衛星放送の電波も各家庭で状況が変わってきます。衛星放送の電波を受信するBS/CSアンテナは南西方向に向けて設置します。衛星放送の電波は障害物の影響を受けやすく、南西方向に高層建築物がある場合は衛星放送の電波が全く受信できない場合もあります。

横芝光町の場合、北部などでは傾斜や樹木など地形の影響で受信障害が発生する可能性も考えられます。

このようにアンテナ設置は個別の事情により変わってくるため、詳細はアンテナ工事業者に問い合わせてみるのが確実です。


⇒みずほアンテナの公式HPはこちら