BS/CSアンテナの修理・追加工事のお得な手順・費用・相場とは?

「衛星放送が突然映らなくなった」

「今まで地デジだけだったけどBS/CS番組を見たい」

そんな時は、どんなところに修理・増設工事を依頼すればいいのでしょうか?また費用はいくらかかるのか?お得な工事の手順は?等々、BS/CSアンテナの追加工事・修理にまつわる詳細を解説していきます。

【修理について】衛星放送が映らなくなった時の対処法

まずは、BS/CSアンテナがすでに設置されていて、突然テレビが映らなくなった時の修理についてですが、その前にトラブルに対処する為のチェックリストを簡単にご紹介します。

  1. テレビ本体の電源は入っているか?
  2. テレビ本体の電源コンセントは抜けていないか?
  3. 天候の影響ではないか?(自然回復しない?)
  4. テレビ画面にエラーコードが出ている場合、取扱説明書かネット検索でエラーコード別の原因をチェック

テレビが映らなくなる理由は、天候による影響・アンテナの故障以外にもテレビ本体の電源が入っていなかったり、テレビ本体やチューナーなどが故障しているケースもあります。

原因の切り分けの為に、まず電源が入っているかと画面にエラーコードが表示されているかをチェックしましょう。

BS/CSアンテナに関するエラーはE201 E202 E209 

  • E201……電波レベル不足。天候とは無関係に常時表示される場合は、ブースターを含むアンテナ関連設備の見直しが必要
  • E202……受信不可状態。電波レベルが足りず画面を表示できない、電波が拾えていない等が原因。アンテナの方角ズレ、アンテナ本体の故障やケーブルの断線、テレビ本体以外の電源切れ等が考えられる
  • E209……BS放送の受信不可状態。テレビ本体の機種によって対応方法が異なる為、詳細はメーカーHP参照。

BS/CSアンテナの故障原因は様々

E201、E202、E209が発生し、悪天候による影響であれば、天候の回復とともに再度テレビが映るようになります。しかし常時エラーが表示される場合は、テレビアンテナ関連設備のどこかに不具合があることが分かります。ただし、実際に設備のどこが故障しているのかは外観からは分からないケースもあります。

外観で分かる故障

  • アンテナのズレ・破損・倒壊……再設置+補強工事か交換工事
  • ケーブルが断線している……ケーブルの交換

上記2点については、家の外からの目視で分かる場合もあります。しかし下記のケースでは原因を切り分けて対処する為には専門の電波測定器が必要な場合もあります。

見た目では分からない故障

  • 近隣環境の変化で遮蔽物ができた
  • 分配器やブースターの故障
  • ケーブル・電源の内部断線

いずれにしても、BS/CSアンテナ本体の交換やその他周辺機器の交換、追加工事等が必要となりますので、専門の業者に修理・点検を依頼しましょう。

BS/CSアンテナの修理にかかる費用・相場はいくら?

地デジアンテナ交換15,000円~20,000円
BSアンテナ追加設置12,000円~20,000円
ブースター追加設置8,000円~25,000円
既存アンテナ撤去費用5,000円~
既存アンテナ処分費用3,000円~
アンテナ方向調整・補強工事8,000円~
※工賃コミの総額目安です

BS/CSアンテナの修理にかかる費用の相場は大凡上記の通りです。また、3階建て以上の高所にアンテナがある場合には高所作業費(3,000円~)がかかる場合もあります。

BS/CSアンテナは本体価格自体は安価な為、アンテナ本体に物損等の故障がある場合、丸ごと交換となるケースがほとんどです。

自然災害による倒壊被害は火災保険が使える!

BS/CSアンテナの故障の内、台風や強風による倒壊、落雷による被害などが発生した場合、火災保険が適用され、修理費用は全額保険金で賄えるケースがあります。

保険会社との契約内容によりますが、自然災害によってBS/CSアンテナが倒壊・故障した場合には、まずは加入している火災保険の内容をチェックしましょう。詳細な手順等については下記記事をご覧下さい。

BS/CSアンテナの修理はどこに依頼すればいい?

BS/CSアンテナ関連の修理は下記の業者に依頼が可能です。

  1. 大手家電量販店(ビックカメラ、エディオン、コジマ等)
  2. 大手ホームセンター(カインズ、コーナン等)
  3. 地元の電気店
  4. ネット系アンテナ工事専門業者

この内、費用が安く、対応もスピーディなのがネット系のアンテナ工事専門業者です。地デジアンテナの修理に対応できるエリアは業者ごとに決まっていますので、最寄りにどんな業者があるかは下記からご確認下さい。

BS/CSアンテナ修理業者をお探しの方はこちら

■■■プルダウンかトップリンク■■■

『現地を見なければ見積もりは出せない』系業者に注意!

テレビが映らなくなった場合、一刻も早く直したいという気持ちからスピード重視で業者を探してしまうことがあるかもしれませんがちょっと待った!

確かにBS/CSアンテナの修理は、状況によって対処方法が異なり、また原因も様々なことから、現地を見てみなければ詳細な修理費用が出せないという事情はあります。

しかし、経験豊富な業者であれば、ある程度の概算費用は、問い合わせ時点で明示する事が出来ます。

ではなぜ、「見積もりは見てからじゃないと出せない」という業者がいるかと言えば、急いでいる消費者心理を分かっていて、断りづらい現地調査後に高額な見積もりを出す為です。

どうしても急ぎの場合には仕方ありませんが、基本的には問い合わせ段階である程度の金額を明示してくれる業者を選びましょう。またその際には下記の費用・相場を参考に、あまりにも高い提示をする業者は避けましょう。

地デジアンテナ交換15,000円~20,000円
BSアンテナ追加設置12,000円~20,000円
ブースター追加設置8,000円~25,000円
既存アンテナ撤去費用5,000円~
既存アンテナ処分費用3,000円~
アンテナ方向調整・補強工事8,000円~
※工賃コミの総額目安です

BS/CSアンテナの増設・追加工事について

では次に、故障では無く、これまでBS/CSアンテナが無かった状態で追加設置するケースについて解説していきます。

業者に依頼する場合の増設費用

地デジアンテナ交換15,000円~20,000円
BSアンテナ追加設置12,000円~20,000円
ブースター追加設置8,000円~25,000円
既存アンテナ撤去費用5,000円~
既存アンテナ処分費用3,000円~
アンテナ方向調整・補強工事8,000円~
※工賃コミの総額目安です

BS/CSアンテナを1基増設するには12,000円~

地デジアンテナを業者に頼んで増設する場合、12,000円~20,000円程度が費用の相場となっています。費用の違いは、設置場所や何部屋でBS番組を見られるようにするか、によって変わってきます。

1部屋で視聴できれば良いケース

BS/CSアンテナの追加工事をする際、BS番組が見られる部屋が1部屋でいい場合、設置場所はベランダがメインになり、エアコンダクトやサッシからケーブルを通してテレビ本体に直接ケーブルを繋ぐ形となります。

テレビコンセントを通さない工事となる為、工事費用は安く、設置も簡単ですが、ケーブルが繋がっていない他の部屋ではBS/CSを視聴することは出来ません。

複数の部屋で視聴したいケース

1基のBS/CSアンテナで複数のテレビでBS/CS番組を視聴する場合には、建物内部をつたうテレビケーブルにBS/CSの電波を乗せる工事が必要となります。

具体的に言うと、地デジのケーブルとBSのケーブルを混合器で1つのケーブルにまとめ、分配器を通して各部屋へBS(と地デジ)の電波を送る形です。この工事をしなければ、各部屋に既設のテレビコンセントに繋いでBS/CS番組を見る形にはなりません。

この場合、既存設備によって工事内容が異なる為、一軒一軒見積もり内容が変わってきますが、1部屋で見られれば良いケースに比べて高額な工事費用がかかるケースがほとんどです。

増設工事を依頼する業者はどこ?

BS/CSアンテナにまつわる工事は、下記に依頼することが出来ます。

  1. 大手家電量販店(ビックカメラ、エディオン、コジマ等)
  2. 大手ホームセンター(カインズ、コーナン等)
  3. 地元の電気店
  4. ネット系アンテナ工事専門業者

この内、費用が安く、対応もスピーディなのがネット系のアンテナ工事専門業者です。BS/CSアンテナの修理に対応できるエリアは業者ごとに決まっていますので、最寄りにどんな業者があるかは下記からご確認下さい。

BS/CSアンテナの修理・増設は自分でできる?

BS/CSアンテナの設置は、地デジアンテナのDIYより比較的簡単に設置することが出来ます。自分で取り付けた方が費用も安くすみますので、下記記事を参考に「出来そう」と感じた方はトライしてみるのも良いでしょう。

BS 4K8Kに関する注意点

BS/CSアンテナの追加工事を行う際、注意しなければならないのが2018年12月より放送がスタートしているBS 4K8K放送についてです。

BS 4K8K放送は対応した周辺機器が必要

BS 4K8K放送を視聴する為には、テレビ本体、BS/CSアンテナ本体以外にも、ブースターや分配器、ケーブル等の周辺機器も4K8K対応の製品である必要があります。

その為、地デジアンテナを設置したのが2016年以前で、複数の部屋でBS4K8K放送の視聴を希望する場合には、周辺機器を丸ごと交換する工事が必要となり、工事費用も5万円程度まで跳ね上がります。

リビングの4K対応(チューナーアリ)テレビだけで見られれば良い、という場合にはこの限りではありませんが、場合によっては高額な工事費用がかかるケースがありますので、BS4K8K放送の視聴を希望される方は、下記記事を参考の上、BS 4K8Kを導入するかご検討下さい。

BS/CSアンテナの修理・増設まとめ

BS/CSアンテナの修理・増設工事は、4K8K放送への対応や依頼先、工事内容によって料金が変動します。工事内容や業者選びは慎重に判断しましょう。

また、故障・修理の際に自然災害が原因であれば火災保険が使えて修理費用はかからない、という点は案外知られていないので、その点もしっかり押さえておきましょう。